⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

ゆるゆる優斗くんの記録

17.09.02 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし①

謙ちゃん優斗のらじらー!サタデー


謙:こんばんは。ジャニーズJr.の安井謙太郎です!
優:こんばんは。ジャニーズJr.の髙橋優斗です。らじらーサタデー21時台、はじまりましたぁーーーっ
謙:よろしくお願いしまーす
優:ありがとうございますっ
謙:お願いしますっお願いしますぅ~。
優:さぁ…今週は、一体、何をしてましたかっ!?チャハッ
謙:なんでそこで声張ったの?
優:テャッハッ!初めてですから。(9月がかな?)いきましょー。
謙:なんかさぁ、俺なんかこれ、1週間、あれ?1週間しか経ってないっすよね?
優:1週間しか経ってない。
謙:なんかスゲェ経った感じする
優:俺もねぇすごい思った。ここにスタジオに来て思った!
謙:だよねぇ。
優:めちゃくちゃぁ!久しぶりな気がする。
謙:そんな気がすんだけど、でも1週間前やってたんだよね。
優:通常営業でしたね。
謙:なんだろ…なんか不思議な感覚だな。
優:なんだろ、今週1週間何してたかなぁ

謙:今週僕はアレっすねぇー。あの、やっぱまだ、やっぱり僕の、誕生日期間が続いてまして…
優:あぁ(笑)まだっ、まだね?w
謙:結構お祝いを…まだしてくださる方たちが
優:謙ちゃん、誕生日もう1ヶ月くらい前じゃない?
謙:違う違う、俺だからほら、東京に居なかったからそん時。
優:あぁそっか、北海道行ってたからだ。
謙:そうそうそうそう、帰ってきてから結構、その予定合わせてみたいな
優:なるほどなるほど。
謙:しかもほら、ライブがあったりとかしたからぁ、バタバタだったから、わりとこう縫って縫って、
優:あぁ、縫って縫って。行きましたか!
謙:縫ってお祝いみたいな感じだったんだけどぉ、
優:良いなぁ~!
謙:今日、そう、なんかね。いろいろ、プレゼントもいただいたりして。
優:へぇーーー。
謙:マフラーいただきました。
優:マフラー!
謙:マフラー♪
優:冬先取り!
謙:そう。俺夏の誕生日なのにマフラー貰ってwハハハ!
優:ァハハッ、季節ですから!👏良いんじゃないですか?やぁ良いなぁー。
謙:スゲーめちゃかわいいんだよ、見せたい!ホントに。ちょっと今度見せるわ。
優:あぁ見たいっす見たいっす、是非
謙:じゃあ今度
優:冬つけてきてくださいよ!
謙:へへwそりゃそうだよ!w
優:冬ね。冬ね。
謙:そりゃ冬つけるw
優:秋はまだ早いから!ちょっとねー、こっちも暑苦しくなっちゃうんで。
謙:まぁまぁね、すいませんなんかw
優:チャッハッ!まだ秋は!
謙:待って、ダメなの?💦
優:秋はまだマフラーの話は早いね!ちょっと。
謙:早いすか?
優:うん、ちょっと早い。
謙:今話したことすらちょっと早かった?
優:うん、ちょっと早かった。まだマフラーってちょっとまだちょっと暑いかな。
謙:マジで?ほんと~?
優:うん。今日も朝寒いかな~って思ったけど午後から暑くなってきたから
謙:しっかり今日優斗厚着してんじゃん。
優:チャハハッ!👏
謙:そんな、ことゆいながら。
優:出るときにー、お母さんにぃー、「今日は寒いからぁ、ちゃんと着ていきなさいよ。」って言われたからぁ、着たんだよ。←お母様の言いつけを守る素直な優斗くんかわいい;;
謙:また今日すごいねなんか~w
優:なに。
謙:すごい、なんかすごい色味だね。
優:何ですか!w
謙:いやなんかさぁ…
優:俺の、ファッションセンス、結構!結構今日オシャレなほうですよ!?俺。
謙:いや、上から見てるとだいじょぶなんだけど、、今日なんか薄ピンクのさ靴はいてんだ。
優:テャッハ!
謙:いやそれは良いのよ。
優:ちょっと待って
謙:ちがちが、それは良いの。薄ピンクの靴は可愛いんだけど、
優:うん、うん。
謙:薄ピンクの靴にこぉ靴下見せてるっていうのがちょっと上級者の
優:違う違う違うっ!違う違う違う!これはねごめん!寒いと思ってぇ、くるぶしまで入れただけなんですよ実は!
謙:ぁ、そゆこと?
優:そうそうそうそう。
謙:その見えてる靴下がさ、薄ピンクの靴に対して、エンジってw
優:テャッハッハ!👏
謙:エンジて。
優:そぉ、いやけろオシャ、可愛いでしょ?可愛いでしょ?もう、もはや。
謙:え"、ぃやわか…ぁ"~オシャレなのかもしんないなぁ、でも。
優:上級者すぎてちょっと
謙:上級者すぎるわぁー。ちょっと
優:ちょっとまだ時代に追い付いてないな。みんなが。
謙:むじいむじい、むじいすごいw
優:むじいっすかw
謙:むじいっす。
優:これちょっとみんなに判断してほしいな、これ。もし100人中、、3人はオシャレって言うと思うよこれ!
謙:本当?
優:うん!
謙:ぇ薄ピンクに、、エンジだよ?
優:チャハハッ!ちょっとさぁー、
謙:ムズいムズい!
優:服装いじりが久しぶりすぎてさぁ、ちょっと鈍いわ俺。
謙:だから今日、入ってきた瞬間思ったの。
優:思った?
謙:ぅわ、斬新。ウハハ!
優:ハハハッ、なに?Twitter
謙:Twitterで聞いてみれば?
優:Twitterで聞いてみますか。
謙:想像できんのかな、みんな。しかもエンジもなんかねぇ、ちょっと霜降りエンジみたいな。なんかわかる?単色のエンジじゃなくて~
優:(笑)何て言うのかなぁー。
謙:ちょっと霜降ってんのよ、なんか若干。
優:ほら~ちょっとまだ、Twitter
謙:なんかね、優斗の俺思った。思った。優斗の、ま、俺の好みじゃないだけかもしんないからわかんないんだけど、優斗のファッションっていつも情報が多い。
優:チャハッ!👏
謙:なんか、渋滞してる!いろいろ。
優:なるほどね!うん~!なるほどねけろ、そうです。けろ謙ちゃんがねぇ、褒めてくれる方なんですよ、実は。
謙:ぁ本当?
優:違う、謙ちゃんだってここは可愛いねって言ってくれるじゃん。
謙:モノは可愛かったりするんだけどぉ(笑)
優:ね?ね?ここのね?このまぁ、HiHi Jet、東京B少年、
謙:はいはい、メンバーね?
優:あそこらへん界隈ですね。メンバー。はですね、あのもう、全否定してくるんですよアイツら!
謙:なるほどねぇー。
優:同世代全否定すっよもう!ちょっとまだね、ガキだなぁーと思いながら。追い付いてますけろ、
謙:(笑)ガキだなぁーと思ってる?
優:うん、ガキだなぁーと。追い付いてないなと思いながら見てるんですけどぉー、うん。
謙:でも俺はね、その感じちょっとね~、貫いてほしいなぁーと思う…
優:ィヤハハッ!や~けどオシャレになりたいの俺!
謙:まぁちょっと後でだからTwitter見ようよ。
優:そうね!
謙:今言ったからさ、みんな、ちょっと想像して書いてくれる
優:そうしましょう。

Twitter紹介
謙:どぉ?エンジきてる?
優:さぁ今日もたくさんツイートしてくれてますけど。エンジ…エンジっていうよりもなんかその~、さっきみなさんメンバーをですね、ガキと言ったら、あの、俺が一番ガキだって書いてある。
謙:あ!待って。褒めてる。
優:え!なに!?え!マジ!!👀え!😳
謙:『薄ピンクにエンジかわいいよ。かわいいかわいい⤴️』
優:キタ(゚∀゚ 三 ゚∀゚)!!👏キタ!👏えぇーちっと俺これアレだなぁ、これ。これはアレだ。リツイートしちゃいそうだなこれ。デャハハッ
謙:リツイートってどうやってやんの?
優:このi padで!このi padで。
謙:どうやってやんの?できんの?そんなこと。フフフ
優:そもそもできるのかって問題が発生しましたけどwやぁーけどホントになまほーそーってゅーもねTwitter見てるので是非是
謙:なまほっとーちゅーもね(揚げ足取る謙ちゃん😡
優:生放送中も!ちょっとね、
謙:なまほっとっちゅもね!
優:ヒャハハッ!生放送中もTwitterを見てるので是非是非どんどんツイートしてくださいお願いします!
謙:優斗さん、
優:はい。
謙:舞台控えてますからね!しっかりいきましょう!!
優:チャハハッ!そうなんですよっ!
謙:控えてますから
優:滑舌いかないとダメだっ、よぉし、頑張りますっ!お願いしますっ
謙:優斗さんセリフもあるんですからしっかり。頼みますよ?
優:はい、頑張りましょう、はい。
謙:それでは、らじらーサタデー21時台、最後まで、
二人:よろしく~!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン

謙:うーーわ参ったな、もぉ完全に遅刻だよぉ~🏃💦
今日提出の課題も、やってないのに~💦もぉどぉーしよ💦
優:チャイム鳴ったぞぉー。…あれ。安井は遅刻か。
ガラガラ
謙:ぁすいませんっ!申し訳ないですっ
優:さぁーせんじゃないよお前。じゃあみんな、夏休みの課題を提出してもらうぞ。おい、安井はもちろんやってるよな?なぁ?安井やってるよな!お前。遅刻するぐらい余裕なんだからお前やってるよなお前やってるよなお前。やってるよなぁ!?👴YouTubeエチュードの回で優斗くんがやってた審判役みたいなしゃべり方だった😂愛しい😂
謙:ぇぇ、ぇそうですね、、えぇ、ぁすいませんそうですね、あのーー、ちょっと夏休みの間ちょっと野暮用でぇ、
優:なんだよっ。
謙:結構あの、UFOがぁ、ちょっとあの、来てぇ…
優:なんだよっ、うーん
謙:でこぉ、パァーーーって連れてかれたなぁーと思ったらぁ、宇宙人もちょっとなんか、ハッピーバースデー♪みたいな感じでぇ(笑)
優:うぉーーーー!
謙:ちょっとなんかお祝いしてもらっちゃったりなんかしたり、そういうのってちゃんと嬉しく、ありがたくね、頂戴したりとかしてたらぁ!
優:おぉーー!
謙:ちょっとアレなんですよねぇ…忘れちゃった的な感じ的なー?そういった、的な?
優:宇宙人も誕生日だったのか。
謙:いやいや違い、違います。さっきのに掛けて、あの僕の誕生日お祝いしたみたいなー、
優:あ!💦あぁ、宇宙人がお祝いしてくれたんだなっ。あっ、じゃあしょうがないなっ。ほ~(笑)(放課後って言いたかったのかな?😂)職員室でじっくり話そうか!
謙:…そんなぁ~😭💦

~♪
優:必殺!その場しのぎっ!!👴

謙:…このコーナーずっとその声でいくの?
優:(いつもの優斗くんの声に戻った😂)チャハハッ!いやいかないですよ。も、もう!
謙:それ何なのそれ。
優:え?
謙:それ何なのそれ。
優:違う、なんかそのあの~、へっ(笑)あのぉ~萩谷くんのさ、あのLove-tuneの。神ちゃん、神ちゃま。神ちゃまっていたじゃん。
謙:あれね?あのね、Love-tuneのコンサートで、1回コントやった時があって、その時に神様役をね?
優:そうそう萩谷くんが
謙:萩ちゃんがそのやった時の神の声ね。
優:そうそうそうwそれがね、急に出てきちゃってぇ、まぁそれをちょっとやってみようかなって思って、オマージュしました。ええ!
謙:俺しかわかんない。へへへ!
優:チャハハハッ!そうねー、ちょっと身内ネタ出しちゃった
謙:俺しかわかんない、それ~。
優:もう企画いきましょー、企画。
謙:こちらの企画はですね、先生、上司、両親や友達に怒られそうなときや問い詰められたとき、思わずやってしまったその場しのぎ。リスナーのみんなが経験したピンチな場面とどうやってしのいだかを送ってもらいましたということになっております。
優:なるほど。ピンチをね、しのぐ。
謙:だからホント今みたいなことですよね。
優:なるほど。
謙:今みたいになった場合w
優:テャッハッ!どうしのぐのか!?
謙:うん。俺もそんな、で、ゆいたくなかったもん。
優:ヒャッハッ!
謙:ネームにあるけども。
優:👏ちょっとね、俺もやったなぁーと思ったけど。
謙:ゴッチャゴチャだったもん。
優:まぁまぁまぁ良いんじゃないですか。これも演技ですよ、きっと。
謙:うーん…俺ら…💦俺らこの感じで帝劇立つの?
優:テャッハッハ!ちゃ、ちゃんと!明日からまたね?リハ始まりますから!
謙:俺なんか今、震えたわ。
優:ジャハッ!引き締めていきましょお!ちゃんと。
謙:俺らこの感じで、帝劇でセリフ言うんだと思ったら…震えた、マジで。
優:サヒャハッ!😂ちょちょちょっとね、この企画もやんないと!!👏💦進まないからいきましょう。
謙:わかったわかった。震えちゃったよ俺😂はい!じゃあいきますね。まずは、


『私の最強その場しのぎは、高校生だった4年前の冬のことです。ローファーに黒タイツを穿いて外出した私でしたが、駅についたところでタイツのふくらはぎのところに穴が空いているのを発見。真冬に裸足でローファーを履くわけにもいかず、慌ててお手洗いに駆け込みペンケースに入っていた黒い油性ペンで穴から見える肌を黒く塗りつぶして1日過ごしました。』
優:うーわ!😨
謙:お風呂のなかでのふくらはぎの油性ペンを一生懸命落としたときの切なさは忘れられません。それからは必ず替えのタイツを持ち歩くようにしています。』

なるほどね。
優:…半端ないねぇ😨ポテンシャル高いわ。
謙:これはなんかさぁ、このピンチは女性ならではだよね。
優:そうだね、男性じゃあわかんないね。
謙:なかなかないから~。だって俺らなんて好んで穴空いてるズボン穿いてんだからさ。
優:チャッハッ!そうねー!ダメージちょっと入れちゃってね?
謙:塗りつぶしたら面積半端ないことになっちゃうから。
優:あ~。もったいないけろ。そうねぇー。
謙:そっか、やっぱ大変なんですね!
優:ぁ~そっかぁ。塗りつぶすか、
謙:でも、何も油性ペンで書かなくても良かったんじゃないの?とちょっと思ったけどねー。
優:けど何でやんの?…のり?
謙:いやいやいや…水性w
優:あ!水性ペン!そゆことか、そゆことか💦ビックリした。(こっちがビックリだよ🙋)なるほどなるほどちょっとね。深読みしすぎましたけろ。さぁ、続きまして、
謙:ちょっと今日なんか調子良いね…
優:おぉー。良いですか?
謙:調子良いのかわかんない、今日なんか、荒ぶってるね。
優:荒ぶっwさぁ続きまして…
謙:どうぞどうぞ。


優:おおさくふっ(笑)大阪府!安井家の田中さん・14歳の、必殺その場しのぎ。
謙:どゆこと?
優:え~『宿題を忘れて先生に、「宿題出しなさい👴!」(優斗くんの先生のイメージって基本おじいちゃんってかジャニーさんなの?😂)と言われたのに、』
謙:ヘハハw聞き取れないんだよw
優:『「鞄に入れたけど、宿題が、家出しました!」って、ごまかしました。先生はまったく納得してませんでした!』

謙:でしょうね。
優:以上です。チャッハッ!
謙:なんつったの?
優:え?
謙:先生はなんつったの?もう1回言って?もう1回。先生のやつもう1回言って。はい。
優:宿題を忘れて先生に、
謙:先生に、なに?
優:しゅしゅだいだしささい!!(宿題出しなさい!)って♪
謙:なんかだんだん平泉成さんみたいにwなんかちょっと…
優:チャハハハッ!ちがうちがうちがうちがうちがう!
謙:わかんなくなっちゃう!
優:そんなもう失礼なことしませんよそんな。
謙:なんか入ってこないんだよね~。その、そっちが入ってきちゃうからね。
優:あのねぇ、宿題を出しなさい!って先生に言われたんですよ。言われたのにぃ、その鞄にね?入れたけど宿題が家出しましたと!
謙:え?宿題がなんてゆったの?え?
優:え💦(笑)え、ちょっとw😳💦宿題がね?
謙:うん、宿題が?
優:宿題が!…いえでしゃしゃしゃっ…(家出しました)
謙:ァハハハハハ!👏なんだ、ジワジワたまってくんなw
優:家出、家出しゃしたっ。って言ったんで。まぁまぁ。そういうごまかし方もあったと!
謙:しのげてなくない?これ。しかも。
優:チャッハッ!そうね!もうしのげてないよね!これ先生納得してなかったんでしょ?
謙:しのげてないよ~。
優:ゃ、これダメだね!けどあるあるですよね、けどこれは~。これ小学校の時やったことありますよっ。
謙:あぁ宿題?
優:うん。
謙:大体宿題はだってほら、あの~
優:あるあるだよ!これわ。
謙:ギリギリに、さ。友達の写して終わりみたいな感じでしょ?みんな。
優:てか、あれ何。違う。そんなねぇー、みんなねぇ、イケてる感じじゃないんだよみんな。あのね、ちょっとボソッと「あの…やったんですけどぉ😞家に忘れました。」ってやつw
謙:あぁー!それね。それマストの!
優:そうマスト。
謙:もう魔法のワードだよね。
優:うん、魔法のワード。これはもう「あぁ仕方ないな、じゃあ明日までだ。」(ってなる)
謙:俺それさぁ、やってきたんだけど家に忘れましたってゆうのを、ゆってる、、人生でゆってない人っていんのかなって思う。
優:あ確かに!!😨みんな言ったことあるんじゃない?もしかしたら!
謙:1回はあんじゃねーかなぁと思う。
優:あるよね!これ。
謙:たぶん俺1回も言ったことないヤツとはたぶん仲良くはなれてないと思う…フハハハハ!
優:ヒャハハハッ!👏👏どんなん!w
謙:俺の友達だよ!俺の友達はみんな言ってる、たぶん
優:いやいや。ャハッ♪
謙:俺の友達はぁ~、
優:やぁーけろすごい頭良い子達はさぁ、宿題も全部やってるかもしんないからさぁ。そうそれは一概にそんなことは言えませんよ。
謙:そう、全部ちゃんとやってるからね。俺の仲良いヤツはたぶん絶対言ったことある。
優:チャハッ!なるほど。
謙:ね、はいはいはい。
優:いや~なるほど、みんなしのいでますね。
謙:しのいでますね。しのげてんのかわかんないけど。


高校生のときのテストで31点という赤点ギリギリの点数をとってしまい親に見つかりました。「何この点数😠」と言われ、私が言った一言は、「みんな出来てなさすぎて、平均点が赤点なの😨!」と、ありえない言い訳でした。とにかく難しくてみんなも出来てないことを伝えたかったのですが、さすがにいきすぎた嘘だったなぁ~と今では笑えます。』

なるほどね。
優:ぁ~けろ、これは
謙:でもちょっと意外と、機転利いてる感じがするけどね。
優:これはアレだね。信じちゃうよね。
謙:若干ね!一瞬なんか納得しそうになったよ。
優:だって、そうっとうさ、あの勉強がさ、大事って言ってるようなさ、親御さんじゃないとさぁ、平均点まで調べないもんねクラスの。
謙:そうだね。でもまぁ、そんなことはない。…冷静に考えたら。
優:ヒャハハッ!👏ゃ、けどあるよたまに、ほんとに。そゆことは。そーゆうことはある。
謙:あ、本当?ある?平均点が赤点なんてあんの?
優:え、赤点って、平均点の半分以下ですよね。あ👏これもまた(諸説)あるんだ。
謙:またちょっと違うんだよ、そういうのって。
優:違うのか!俺ん中では、赤点の、ぁじゃ、平均点の半分以下だった。俺の場合。
謙:え、でもしたらさ、平均点がさ~、…え?あ、そういうことか。
優:そうそうそうそう。80点だったら40点以下だったら赤点、みたいな。
謙:あれ、30点以下じゃなかったっけ?学校によって違うのかなぁー。
優:へ、どうなの?あぁ~。アレだね、ローカル、、
謙:ローカル的な?アプローチ?
優:ローカル的な、あ~、あるねこれわ。
謙:そっかぁ。へぇー、そうなんだぁ。意外と機転利いてるなぁー。


優:『何人目かの彼氏に、付き合った日にキスされそうになり、さすがにそれは…と思ったので、「あ!100円ある!👀」と言って、10メートル先ぐらいまで走って、拾ったふりをしてその場をしのぎました。』

謙:おぉ~。
優:なるほど。
謙:なんかさ、少女漫画にありそうだね。そのシチュエーション。
優:うん。「あっ、100円ある。」
謙:なんか、でぇ、でぇ、こぉ100円あるって拾って、で彼氏、その彼氏彼女がいるじゃん。彼女越しに彼氏がいるんだけどその時の、その女の子の顔が真っ赤っていう少女漫画ありそう。
優:あぁーーー、てかこれ、めちゃくちゃ機転よね。機転っていうかその、気が利いてる。
謙:そうね。
優:そう男の子もさぁ、
謙:傷つかない。
優:そう、傷つかないよね!
謙:でもわかるよね?w
優:いや、わかるんだけどぉ、
謙:いやいや、「10メートル!?見えたぁ?😨」みたいな。
優:ちゃ、わかるんだけどぉ!「無理!」って言われるより、
謙:まぁね。
優:あ、ってなったほうが気遣ってくれてんだなぁーって。
謙:まぁなんか気遣ってくれてるしなんかちょっと恥ずかしかったのかなってまぁ思える…からね?ちょっとは。
優:そうそうそうそう。まぁまぁまぁまぁ、けろ、
謙:え?やっぱそういうの、あるの?(スタッフさんにたずねる謙ちゃん)なんか、1回目じゃダメなんすかね。女の人は。
優:えぇ?…あぁーーー。
謙:どうですか?どうですか?とか言ってw
優:どうですか皆さん。皆さん首をかしげております。なるほど。
謙:ダメ?wまぁ、そうか。…勉強になりました。アハハハ!
優:そうw勉強なったハハッ⤴️👏👏
謙:勉強になりましたっていう。
優:はい。
謙:あぁおもしろいね~。
優:おもしろいです。
謙:でも、これはなんか良いしのぎ方な感じするね~!なんか。
優:そうね~。
謙:あとから、笑い話にもできそうだしね。
優:そうそうそうそう、
謙:「あん時さ、お前100円ってお前、」
優:そうねー。気の利いたさ
謙:「言わないでよー!😳」みたいなのなんかありそうw
優:気の利いたしのぎ方あると良いっすよね、これぇー。
謙:うん、良いね。おもしろいね~。
優:これ後半もあるっ
謙:さぁこれ、番組の後半でもこれやるみたいなので、是非お楽しみにしててください。
優:はいっ⤴️

謙:それではここで一曲、『この曲は、兄と見ていた少年倶楽部の生放送で、Love-tuneが歌ってた曲で、兄がLove-tuneにハマってくれたきっかけにもなりました。』
優:へぇーーー!
謙:えっ!お兄ちゃんハマってくれたのぉ!?ありがとうごザイマァース⤴️
優:チャハハッ!
謙:ありがとうごザイマァース。是非ライブにも来てくだサァーイ⤴️
優:テャハハッ!
謙:それでは、Kis-My-Ft2I Scream Night。

~♪

謙:いやいや、ここが一番良いとこっ!!
優:チャハッ!
謙:このテーレーレーレーンだよ!ここよ!
優:まぁまぁ気になる方はCDで、CDを是非聴いてください!はい、お願いします。はい。
謙:いやぁー、俺ビックリしちゃった。ここで俺言うとか思わなかった。
優:チャハハッ!
謙:らじらーでは、曲のリクエストを募集しています。今ハマってる曲、みんなに聴いて欲しい曲など教えてください。
優:君からのリクエスト、待ってるよー。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:天然警察!21時~!!

優:ヨッ!!安井警部っ!
謙:俺はこの夏~、真田、岸、髙橋というね、
3人を相手にしたからな。さらにビシビシ取り締まっていくぞ!
優:真田っ、(謙ちゃんの言い方のマネしてた😂)と岸はわかるんですけどぉ~、髙橋ってそんな天然ですかね。
謙:その発言が天然なんだよ。
優:ヒャハハッ!👏
謙:(笑)その発言が天然。
優:いやいやぁ~、もうねぇ、じゃあ今日も、たくさん天然さんを紹介したいと思います。
謙:よーしよしよし。行こう行こうー。


優:『これは、夏休み中に私がやらかしてしまった経験なのですが、カップのアイスをコンビニで買って、レジの店員さんに「スプーンをお付けしますか?」と聞かれ、「はい、お願いします。」と言ったら、割り箸をつけてくれました。私は何も考えずに、割り箸でアイスを食べ始めて、親に「何やってんの~!」と言われて気づきました。車の中で食べていて、もうコンビニから離れてしまったので、そのまま割り箸でアイスを美味しく完食しました。安井警部、これって天然ですか?』

謙:なるほどねw
天然なの…うーん。なんだろうね。
優:難しいですね。
謙:素直?
優:チャハッ!そうね!!
謙:お~ん。
優:これなんだ~。
謙:それなんだ!
優:これで食べるんだ~。食べよ~みたいな。
謙:そう、言われてみたら…うーん。素直良いね。素直で良いよ。
優:いや良いんじゃないですかぁ。今のは
謙:俺もなー、今日麻婆豆腐買ったらな、麻婆豆腐丼だよ?
優:うん。
謙:開けんじゃん。お箸だった。いやスプーンだろ!
優:チャハハハッ!やーけろまぁ!ご飯だけどまぁ、アイスよりはちょっとレベルが低いかな!?
謙:まぁアイスよかね?レベル高いなぁーと思って。
優:そうそう、ハイスペックでしたぁ。さぁ続きまして、


東京都・たいこうたん・18歳からの報告です。
謙:うん、大光…
優:大光、大光です。
謙:(Jr.の佐々木)大光と飯行ったよ、こないだ。
優:え、マジすか。
謙:うん。
優:えっ、ぉえっ?おかしくないですか!?それ待って待って。👏
謙:ちがちがちがちがなんか誘わ…いいや早く読めよ!w
優:えぇーーーーー!!!!なんでえっ!!
謙:早く読め!わかったわかった、読め読め読め
優:あぁ、ごめんごめん、はい。いきましょー。はい。
謙:ごめんごめんごめん。
優:すいません。
『家族で出掛けたときに、大型車両進入禁止の看板を見て、「大型は入れないんだよね~。」と親が話しているのを聞いて妹が、「私入っちゃいけないの!?😢」と言っていました。私は血液型がO型です。安井警部、これって天然ですかぁー?』

謙:かわいい!
優:ンフッ(笑)そうね、かわいいねこれわ。
謙:かわいい。これかわいいやつだわ。
優:うん、O型。「O型は入れないんだ。😢」あ~確かになぁ。綺麗な心で見るとそう感じますねー。
謙:うーん。しかもなんか今優斗の読み方がかわいかったからかわいく聞こえちゃったんだよなんか、ちょっと。
優:テャハハッ!!ちょっとねー、そう。伝えることができたかもしんない。今の文は。
謙:ハハッ!ハハッ!僕の力で?w
優:うーん、僕の力で。うーん😌
謙:ハハハハハ!うるせえwうるせえ。
優:これはまぁ、たいこうたーん、共同作業だったね、これは。
謙:いやいや、違う違う大光は前から誘われててぇ、
優:そうだね。あ~なるほろ、
謙:誘ってくれたらもういつでも。
優:えぇ!!ぅいいの!?
謙:うぃーの?ってなってたよw今うぃーの!?ってなってたよw
優:うぃーの!?うぃーのっ(笑)うぃーのっ。
さぁ、続きましていきますねー。


『私が友達と一緒にドラマを見ていたとき。「先週のがおもしろかったなー。」と友達が言っていました。しかしそれは、その日が初回の放送のドラマだったのです。安井警部、これって天然ですかぁー。』

謙:これは良いねwこれ、上玉だね!
優:うーん。
謙:これは上玉ですよ。
優:これはもうアレだね。
謙:これはけっっこう上玉だな~。
優:強がっちゃったパターンねこれ。
謙:これ俺好き…だこれ。
優:テャハッ!これ天然ですか?
謙:これ天然ですね。これは結構あの…純度高い天然です。なかなか
優:テャハハッ!ほうね~。やぁけどこれ種類別れません?これ。めっちゃかっこつけてぇ、「これは~ちょっと、先週の方が良かったなぁーー。」って言ったのかぁ、それともドラマを見違えちゃったのか。
謙:いやたぶん、、シンプルになんも考えないで、出ちゃったんだよ。
優:チャハッ!適当にねw出ちゃったみたいな。あーそう。
謙:他のドラマとごっちゃになっちゃったかもね、頭ん中で。
優:なるほどなるほど。やぁ~おもしろいです。

 

②につづく・・・