⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

ゆるゆる優斗くんの記録

17.08.26 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし②

夏の家族バトルつづき・・・

 

~♪
優:ツスッwまた(BGM)変わった😂
『高校生になり、はじめての夏休み。部活と彼女とのデートで多忙な息子。当然夏休みの宿題は進んでないワケで…。母「宿題やりなさいっ!!💢」息子「やってるし😒」(この母と息子の演技上手💕)毎日言い合いになって、ピリピリしています。そんな息子を横目に、妹は宿題を完璧に終わらせて、母のご機嫌取りをして、「ママ~、もうすぐらじらー始まるよ~⤴️」らじらー21時台が、癒しの時間になっています。』

 

謙:なるほどねー。
優:なるほど、息子さんまだ宿題やってないんすかね!じゃあ。もしかしたら(笑)
謙:兄弟でやっぱそうゆうのある、え、優斗兄弟いたんだっけ?
優:いますいます!弟がいます。
謙:どう?それさぁ、どっちの方が怒られやすいとかあんの?なんか。兄弟だと
優:あのねぇー、ちっちゃい頃は、俺がめちゃくちゃ怒られた。長男だから、って。怒られたんだけど、今は!もう逆に弟の方が怒られるかな~。
謙:あぁー。え、それは、なんかそーいうふうに、上手いの?優斗の方が、怒られないようにするのが上手いの?なんかそういう例えば
優:ぃやー!てゆーかね、そのね、ちっちゃい頃にもうね、あの、
謙:言われすぎた?
優:腐った根性はもうね、叩きのめされたからぁ!
謙:なるほどね!もうしっかりしてんだ。もう怒られることはしないのね。
優:そうそうw自分で言うのもなんっとも言えないけどぉ!もうなんかねぇ、
謙:腐った根性w
優:なんかもぉ、腐った根性はなくなったかな😂!ちょっと。うん。
謙:なくなった?そっかぁ。躾じゃあ終わったのね、優斗は。
優:そうそうそうそう。躾は終わった段階ですね!もう結構意外と。
謙:だから今弟が、まだ、ちょっと腐った根性があるのかなぁー。ハハハw
優:そう!そうっ(笑)まぁまぁ若干、腐ってはないですけどぉ💦
謙:ちょっとやっぱまだ、怒られる
優:まぁけどちょっと、甘えてる部分があるかなー、次男だから。
謙:なるほどね。ぁ~おもしろいね。
優:ってゆうのはありますね。
謙:兄弟ってそういう、差もあるんだねちょっと。
優:謙ちゃんそっかひとりっ子か。ひとりっ子だからそういうのないのか。
謙:俺ひとりっ子だからさ、全部俺が怒られるから。
優:チャハハッ!👏
謙:だーれも、さ😰俺しかいない。
優:そうだね😂けろ、お母さんのご機嫌取りとかないわけでしょ!?
謙:あ俺が?
優:うん。
謙:ご機嫌取り…ご機嫌取りはないかなぁー、あんまり。
優:弟が、怒られたりすると俺が機嫌取りにいって、俺が怒られてると弟が機嫌取りにいって、みたいな。
謙:あー、そっかそっかそっかぁ。
優:あったよ!ちっちゃい頃は。ちっちゃいながらにやってたね。
謙:すごいねー。え、めっちゃ大人だね!
優:そう、俺意外と大人なんすよねぇ!
謙:大人だよ。
優:そぉー、ビックリなんだよ俺も意外と。
謙:俺だって全然お母さんの機嫌悪かったらもう…触らぬ神に祟りなしですよ。
優:テャッハッ😂👏👏あぁ~もう触れちゃいけない感じでね!
謙:もう触れない触れない。やばいやばいなぁ~💦っていう。
優:そうそう~いやだからねぇ、そういうのありましたね。だから。
謙:すごいねぇー。ちゃんと役割分担されてんだ。
優:そうそう、今らじらー聴いてくれてんでしょうね。癒しの時間ってことで
謙:そうだね。
優:ありがとうございます。


謙:『私の家族は、テレビの奪い合いで喧嘩になります。』
優:あぁーー、あるねぇ。
謙:『「さっきお前の見たい番組見たから。次は俺のだろ!」「ヤダ😒別に見たいわけじゃなかったもん!」とリモコンを取り合うお兄ちゃんと私。その隙にもう一つのリモコンで違う番組に変えるお父さん。「喧嘩するなら消しなさい!」とテレビのコンセントを抜くお母さん。家にテレビが4台あればいいのに~😭』

ということで。
優:なぁ~るほどぉ
謙:なるほどね。
優:ありますねー!これも。
謙:テレビ問題はやっぱありますか?
優:ありますあります!もぉ、これまた(笑)僕の話して良いすか!?w
謙:いやもちろんもちろん、家族の話で
優:して良いですか?家族の話。いやぁ~けど僕もね(笑)この、夏休みね、やっぱ僕も、野球もう小学生の時は土日だけだったんで、なんか。やっぱ平日は意外と暇な時間があったりしたんですよ。で僕、結構ドラマが好きで。正直、
謙:はいはいはいはいはい。
優:もう、水曜以外、ほぼほぼ映画、あ、ドラマ見てるみたいな。朝5時からランニングしてそのあと学校までの時間みたいな。けど~、そん時にねやっぱね、喧嘩はしましたね。弟はゲームがしたい!って
謙:なるほどねー!
優:俺はドラマが見たい。
謙:あぁーー。
優:そういう喧嘩があって、結局ひっぱたかれるっていうのがありましたね。
謙:やっぱ兄弟だからそういうのあるんだねー。俺やっぱひとりっ子だから。基本的にお父さん、はアレなんだけど。まぁお父さん優先だね。でも基本的には。
優:ぁ、そうなんだぁ。
謙:ただ俺なんかね、お父さんが…うちのお父さんが変な癖があってぇ、CMを見れない人なのね。
優:あぁーー!!
謙:だからリアルタイムで見てると、バチバチ(チャンネル)変えるのよ。CMだと。
優:あのCMになったら、変えたいみたいな
謙:たとえばバラエティ番組見てるじゃん。でさ、なんかオチの前でCMいったりするじゃん。で俺はさ、こう楽しみに待ってるんだけど
優:なんだろうなぁー♪
謙:お父さんはさ、CM見れないから別のチャンネルに変えるわけよ。
優:うん。チャハハッ!
謙:俺が、これそろそろ戻さないとって思うんだけど、お父さんのテンポでいくから。プッと元に戻したらもうオチが終わってんの😨
優:テャッヒャッヒャッ!テャッハッ!なんだったのオチは!?
謙:いやいやいや!なんだったのオチは!みたいな。
優:ヒャッハッ😂👏👏
謙:なんかね、そのね、バトルがあんのよ。なんか。俺が、もう戻してみたいな。「もうCMあけるから。」って言って。「いやまだだよ。」みたいな。「ほんと戻して😭」みたいな。で戻して、まだCMだった時に超勝ち誇った顔で「ほらな😏」って言われてぇw
優:テャッハッハッ!けど俺も!
謙:いやいや~!
優:俺もお父さん側だわ、じゃあ!
謙:あ、そう。
優:やっぱね、いやけど自分も、オチは見たいんだけど忘れちゃってんだよ。
謙:なるほどね。
優:おもしろすぎて。
謙:そうなんだよね、素敵な番組がね。でも、あの最近ね、あの俺が…ちょっと忙しいって思ってくれてんだろうね。あの、「好きなの見て良いぞ。」って、ゥヘヘヘヘヘ!
優:チャハハッ!優しいですね⤴️
謙:「好きなの見て良いぞ。俺もう寝るから。」って
優:ありがたいありがたい!
謙:おもしろいね。あるあるだね。

優:ありがとうございます。いや~家族バトルありましたねぇ。
謙:いやいやおもしろいね。まぁ結局家族だからね。うーん。
優:あ!これ髙橋優斗まとめるんですね、もしかしたら。
謙:(笑)まとめるって言わなくて良いよべつに。
優:テャハハッ!そうだねちょっとね、いつも謙ちゃんがやってくれてるんで、いや~けろ👏ほんっとに夏休みほんとにもぉなんだろぉなぁー!もぉほんとに。皆さんもう夏休みの宿題終わったかなぁー!?ほんとに。巻けって言われてますけど巻きませんよ僕は!!
いや~けろほんとに夏休みの宿題みんなやってないかもしんないけどぉ、まぁテレビもほどほどに目悪くなっちゃうからねー?是非、みなさん、程よく睡眠をとって、楽しい夏休み残りの夏休みを送ってくださいっ!👏さぁ!以上、家族の、夏の(笑)家族バトルでした~!
謙:…なんかもぉ、ラジオ終わるぐらいのテンションで読まないで。
優:テャハハッ!😂

謙:ではここで一曲、
『謙ちゃんが前回のらじらーで、関取花さんの歌が良いと話していたので聴いたらハマってしまいました。是非まだ聴いていない人にも聴いてほしいです。』

優:そうだね!
謙:ということで。関取花で、べつに。

~♪

いや、もうさすがです。
優:ヒャハッハッ!いやぁー、
謙:この何が良いって、着眼点!!
優:ヒャハハッ!
謙:誰もが、わかる~!!てなる
優:わかるっ!
謙:わかる~っ!てなる
優:あんま意識してなかったけどね、歌にしてもらうとわかる~っ!共感
謙:そう、わかるのよ~😂
優:いゃあ、素晴らしいわ。
謙:俺もう大好きなんですよ、これ。
優:初めて聴いたわ✨ぃゃすごいわ。
謙:そうなの、これねー、素晴らしいと思う俺。
優:う~ん、やぁ~。
謙:でもね、関取花さんもちろん歌も素晴らしいんですけど、トークほんとにお上手でぇ、
優:あっ、そうなんですね~。
謙:そう俺、来てほしいなぁ。いつか。
優:関取花さん。
謙:ホンットにおもしろいのよ!
優:へぇー。
謙:そう~😂
優:見てみよう~あとで。
謙:ね、こういうね曲がたくさんあるのでね…
優:いやぁす…おもしろいわ!すごーい。
謙:さぁ、友達の間で流行っている曲や僕たちにオススメしたい曲などリクエスト待ってまーす。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

………(たぶん優斗くんが読む番だけど忘れたくさい)

謙:さぁ、ここからは
優:さぁっ!💦ここからは!すいません!ジングルかと思ってました僕!💦
謙:だいじょぶだいじょぶ、だいじょぶだいじょぶ…いいよいいよ。だいじょぶだいじょぶ
優:すいませんすいません!ごめんなさいね~💦さぁ、ここからはみんなが送ってくれたメールを紹介します。
謙:おかしいと思ったんだよ。背もたれになんかよっかかり始めたから…
優:チャハッ!
謙:様子が!おや?様子がおかしい…💦おや?ってw
優:ごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめん!
謙:これ完全に様子がおかしい!と思って
優:チャハッ♪申し訳ない申し訳ない、さぁ
謙:いいよいいよ。はい


優:友達とお泊まりしながら聴いています。釣り言葉のコーナー、そんな漫画みたいなことあるの?と女子校の私たちはパニックです!「そもそも男の子と話せないよね。」「やりたい!」などと、大盛り上がりしていました。』

謙:やっぱそうだよね?え、待って。ある!?釣り言葉。(スタッフさんにたずねる謙ちゃん)
優:女性の皆さんどうですかっ。
謙:持ってる?え、なんで悩んだの!?今ちょっと、悩んだでしょー!?今😳
優:あぁ!あ、そうー。あるある?
謙:あったっけな~みたいな。すぐないって言ってたもん。ない?
優:ないって言ってる、ほら。ひとりクセが強いのが!チャハハッ😂👏👏(優斗くんが年上(だよね?)の女性のスタッフさんをいじってるのが意外だよぉ~!)
謙:やぁ今!ありそうな感じじゃん!
優:いやいやいやいや!そんなそんな…ちょっとクセが強いな~と思っただけで。
謙:やっぱあんのかな~?怒ってる怒ってるやばいwちょっといじりすぎた!ァハハハ!
優:ャハッ👏ハッハッ👏
謙:ごめんごめんごめん、ごめんなさいごめんなさい、すいませんすいません。
優:まぁけどね!いや~わかんないもんっ!わかんないんです😣
謙:男性側だから。
優:気になって仕方ない。


謙:続きまして神奈川県・夢中で謙ちゃんに恋してるあーちゃんさん・23歳の方からいただきました~。
優:あぁー😳
謙:『安井くん優斗くんこんばんは~。』
優:こんばんはー!
謙:謙ちゃんってここ呼んでんのにこっち安井くんなんだね。
優:チャッハッ!そうだね!
謙:何この、何このなんか、、
優:やっぱ若干の照れがね!
謙:いったらフラれるみたいな、ハハハハwマジー?!っていったらフラれるみたいな
優:良い感じに良い感じにすごく良い感じに。
謙:『安井くん優斗くんこんばんは。』
二人:こんばんは。
謙:『今、隣のおばあちゃんおじいちゃんの部屋からすごい笑い声が聞こえてきました。』
優:お!
謙:『恐る恐る行ってみると聞き覚えのある笑い声が。なんと優斗くんの笑い声でした。』
優:チャッハッハッ😂⤴️
謙:『なんで?と思ったらおばあちゃんおじいちゃんもらじらーを聴いていました。』
優:マジすかっ!!
謙:君の釣り言葉を聴いてほっこりしてるおじいちゃんおばあちゃんを見て毎週一緒に聴こうと思いました。』

えぇー!良いじゃん。
優:やったーあ⤴️👏👏👏👏👏
謙:超良いじゃあーん。へぇ、おじいちゃんおばあちゃんに俺たち、このラジオ聴かれてたってちょっと恥ずかしいんだけど💦
優:恥ずかしいなちょっと!
謙:たぶんね、おばあちゃんとかも「浅いな😏」と
優:ヒャハハッ!ほんとね、ちょっとね、うーん!
謙:「まだペラペラやな😏」ってきっと思われてる。人生ペラペラっ
優:いや~、けど嬉しいですね~!らじらーファミリーがこうやって、ガチのファミリーに繋がってくれるの
謙:ね。家族で聴いてくれんの嬉しいね。
優:やぁ嬉しいなぁー。


さぁ、髙橋優斗に長文が回ってまいりました~。いきますね。
えー、静岡県、ぁ静岡県じゃないや(笑)北海道、ゥハハハハ!ごめん、
謙:なんか長文になるとさー、読む前に噛むやつなんだ?その毎回。
優:ごめんなさいごめんなさい😂💦
謙:緊張しちゃうの?
優:全っ然静岡県じゃなかった!北海道でしたっ💦すいませんっ、ごめんなさい💦💦いきますねー。
謙:どーゆう流れ?
優:北海道・ぴかりん☆ぱるりんりんさん☆の方からいただきました!26歳の方ですねっ
『こんばんは。』
謙:すごい名前。こんばんは~。
優:先日の「夏のジャニーズ曲セレクト "僕とデートしようよ”」で、伊野尾くんがコメントで、夏の理想デートを語らずに話をそらして謙ちゃんたちが土曜のらじらーで語ってくださいと言っていましたが』
謙:あ、そうだ。言ったよね。
優:先週の20時台は静岡公演終わりの伊野尾ちゃんと光くんに知念くんや裕翔くん、圭人くんが参加するというとてつもなく豪華な神回になってしまい、それどころではなくなってしまいました。しかし!今週伊野尾ちゃんがはぐらかしながら理想の夏デートをちゃんと話してくれました。』
謙:えぇ~⤴️うそー!
優:謙ちゃん優斗くんのおかげです!ありがとうございました。』

謙:うわぁ~俺らちょっと…
優:あぁ~聴けてなかったぁ💦
謙:聴けなかったね~。
優:どんなんだったんだろう。
謙:ちょっとバタバタしてたから。え、何てゆったんだろ~。
優:気になるな、ぁ、まけろ後でじゃあ。教えてくださいよ!是非
謙:ちょっと、教えてほしい。ツイートしてよ誰か。…そうなんだ。えぇ~、良かったぁ。
優:そうですね~。先週神回だったんですね⤴️
謙:そっかそっか。嬉しいなぁー。
優:いやぁー…ありがとうございます。


謙:『こんばんにゃん。』
優:おっ⤴️
謙:お、
二人:いらっしゃいやせー!!
優:いらっしゃっせーっ!…テャッハッハッ♪
謙:なんかだんだんさぁ、テンションがさ、なんか居酒屋みたいになってくる
優:チャイヤハハッ!👏
謙:居酒屋のボリュームになってくる。腹から出す
優:そうそう!wいらっしゃいぁせーっ!!ゥヒャハハハハッ😂👏
謙:いらっしゃぁっせーっ!って。なんか、いらっしゃいませのさ、パターンちょっといろいろやってみない?
優:ぁ、やってみる?
謙:美容室パターンとか
優:ゥッフッ♪いらっしゃいゃせ~⤴️(優しめ)
謙:いらっしゃいゃせ~っ
優:いらっしゃいゃせ~⤴️テャハッ!
謙:アパレルパターン。
優:アッパレルパターン!?😂わかんない俺。
謙:…むずいな😖
優:むずいね!ちょっとwどーゆう感じなの?
謙:関係ないね…
優:ちょっと勉強しときますけど!
謙:『先週優斗くんが、最後に風磨くんの初髪染めが気になると言ってましたが』
優:あぁーっ!そうだ。言ってました言ってました。
謙:『風磨くんの初染めは中3だそうです。』
優:へぇーーっ👀
謙:『「優斗くんは19歳くらいが良いんじゃない?」と言っていましたが優斗くんは染めたいと思いますか?私は黒髪が好きですが茶髪も見てみたいです。』

ということで。
優:おぉー。
謙:え、何、染めたいの?
優:いやぁー!染めたいんですよ実は。ちょっと、あの気持ち的にはねー?やっぱ、僕も高3なんでぇ、そういう時期なんですよ周りも染めてて。
謙:そっか!高3か。ぇ、でも俺、俺初めて染めたのいつだっけなぁー。
優:いつぐらい?
謙:いや、俺たぶんね……ヘタしたら二十歳?
優:マジで!?謙ちゃんなんか染めて、、
謙:俺10代の時ずっと黒髪だった気が…する…
優:ぁホントぉ?
謙:あれっ?だよね。わかんないけど。や!俺なんかね、たぶん、たぶんだけど人生初めて染めたのは~………………
優:なに?
謙:俺仕事じゃなかったかなぁ…
優:あぁーっ!かっこいいな。
謙:あれ違ったかな?
優:仕事で染めるってかっこいいですね~!
謙:違ったかもしんない。ごめん違ったかなごめん。
優:チャハッ!
謙:なんかそんなような気が、してるんだなんか…
優:まぁまぁまぁけろね、まぁまぁまぁそう、だから…
謙:でもそういう機会が、ああああるとなんか良くない?
優:そーいう仕事、そうだね!仕事の時に染めましたってかっこいいねー!ぁ、じゃ俺そうしよ~⤴️👏次、なんか仕事
謙:そうそうそう、そういうのでぇ、役とか。俺もこないだまで金髪だったじゃん。染めたんだ~!もう。
優:ちょっともぉ落ち着いてんね。
謙:ちょっと落ち着かせたんだよ。
優:ほんとだぁー。
謙:ちょっと今なんかね、派手な色にしたいんだよねー。
優:ぁホント?今何色ぐらいなのそれ?
謙:これはなんか、なんだろう。なんかわかんない、なんか
優:グレー?
謙:なんか不思議な色にしてくださいって言ったらこうなった。
優:テャッハッ!👏👏髪の毛大事でしょ色は!意外と。
謙:もうちょっとでもなんか変わってるのにしたくて。ちょっと乞うご期待。
優:テャハッ!じゃあ僕もなんか今度、仕事かなんかが決まったときにぃ!まだ、とりあえずそういう今はそういうスタンスでいこうかな、とりあえず。
謙:両方似合う、黒も似合うしね。茶色も似合いそうだし。
優:まぁいつか染めたくなっちゃうかもしんないから。まぁそん時はもうみなさん。
謙:そうね。
優:えぇ、受け入れてください。
謙:あたたかいね、気持ちでね?
優:はい!お願いします。若気の至りですお願いしますっ
謙:じゃあよろしくお願いしますよ。さぁ!というわけで
優:以上みんな、メール送ってくれて、ありがとうございましたぁー!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙ちゃん優斗と夏祭り~!

優:さぁ、僕たちが夏祭りに行きたいと話していたら、企画にしてくれました。さっきは、ヨーヨー釣りに引っ掛けて君の釣り言葉をやっていましたが、次は、この企画!

謙:胸キュン射的✨

優:射的!なるほどぉー!…さぁ、へっ(笑)胸キュン射的では、みんなの心を撃ち抜く(笑)甘酸っぱい恋愛エピソードを紹介していきますっ!ぁこれは、射的ではないですね?
謙:いやまぁまぁまぁ、射的…を掛けてるんですね、あの~心を撃ち抜くで。ええ!
優:なるほどなるほど。そういうね、ダジャレを出してきましたけど
謙:あの~、そうです。そういうダジャレを出してます。はい。
優:ヒャハッ!
謙:ダジャレって言っちゃうともうなんか、たぶん作った側は今すごい恥ずかしい感じになっちゃってるからあんま言わない方が良い…
優:テャハハッ!👏👏申し訳ない申し訳ない、いやけど本当に素晴らしい企画でございます。
謙:でも俺たちが好きなこぉ胸キュンパターンだからね?
優:あっ!ほんと。テンション上がんな~。
謙:さぁ、じゃあ最初にいきますよ。


『男友達とメールで話していたときのことです。その子はサッカーがとても上手くクラブチームにも入っていて将来有望と言われているくらいの子です。私が宿題のわからないところを聞き、「ありがとう。おかげで助かったよ。」と送ると、「俺も結構助けられてるし。お互いさまっしょ。」ときました。「私なにもしてないよ!笑」と返すと、「お前のいつも笑顔でいるところとか、明るく話してるのとか見ると、サッカーで精神的に辛い時も元気出るし、なんか笑顔になれるの。笑」と返ってきて、普段は意識なんてまったくしてないのに、とてもキュンとしました。』

優:ポンポンッ!ポンポンッ⤴️
ポンポンッポポポポポポポポンッ
謙:これなに、こんなポンなんだ
優:テャハッ!なるほどね。

ポポポポンッ
謙:なんかこれね今ね、なんつーの?あの~、この、どんだけキュンとしたかに、アレしてこぉ、ポンを
優:そうねー!3段階でわけてるんですけろ。
ポポンッ
優:これ2ポン、2ポン。
ポンポンッ
謙:2ポン。これなんかさ、気持ちよくない?この音。
ポポンッ
優:チャッハッ!やけろエピソードもねぇ、いや。ヒャハッ♪
謙:これめっちゃ気持ちよくない!?俺こういうの好きなんだよねぇ、なんか。気持ちいい!
ポポンッ
優:やっ、おぉ~なんか、気持ちいな。
謙:これ良いな、良い良い
優:ャッハ!
謙:いやなんかね、ほっこりしたのよ!俺。
優:いやけろお話もね、なんかすごいあれですよね。かっこいいよね~!その、男の子も。
謙:そうだよ。だからそのクラブチームにも入ってるっていうのがぁ、なんかこぉ説得力上がるよね。
優:うん。
謙:かっこよくない?みたいな。
優:クラブチームのサッカーってなんかかっこいいよねぇ。響きが
謙:横文字ばっかだもんね。
優:ヒャッハッ♪
謙:クラブチームとサッカーって横文字が並んでる時点でもうかっこいいから。
優:ヒャッハッ、そうだねー。かっこいいなぁ~。いやこれけろ、
謙:それより俺これが好き。
ポポンッ
優:ちゃいやいやwこれよりとか言わないでくださいよ。メール送ってくれたんだから。そゆとこ超好きだよ😢💕
謙:気持ちい~😌
優:やぁーほんとにありがとうございます。


『小学校6年生の時好きな人と隣だった時の話です。ある日の音楽の授業中、彼がいきなり「俺のこと嫌い?」と聞いてきました。急すぎて、「嫌いじゃない。」ということしか伝えられませんでした。しかしその翌週の音楽の授業で、「俺のこと好き?」と言われました。どう答えようか考えていたところ、先生が気がついて「授業中だからしゃべらない!何話してたの?」と彼に言いました。「俺のこと、好きか聞いてた!」とみんなの前で言うものだから、先生が「ちゃんと授業受けなさい!受けない人のことは、好きじゃないからね!」と私に聞いてきて、私は頷くしかありませんでしたが、「俺のこと好き?」という彼の放ったほうったって読んでたけどはなったじゃないかな!?頑張れ優斗くん!)たった6文字の言葉が今でも忘れられません。

ポンポンッ
優:2ポン。
謙:これなんか(笑)…すっごいなんか…ククッてなるよね。この、ポンポン…
優:チャッハッ♪ちょっとね、
謙:2ポンね?
優:2ポン2ポン。
謙:いやぁ~、っていうかなんか、おぉ~。
優:や!ちゃっ!ポンポンポンポンばっか触れてるから謙ちゃんさっきから!!内容触れようよ!
謙:だってさ、まさかさ~、こんなポンだと思わなかったの。
優:ちゃいやいやwポン引きずりだから!
謙:なんか射的の~、俺は射的が落ちる音がすると思ってたから
優:スパァーン!みたいなね
謙:そう、パーン!みたいな、パァーンッ!みたいな音だと思ってたら、ポンポンッ⤴️
優:いやいや、まぁまぁちょっとね、耳に優しくいきましょうよたまには。ちょっとみんな疲れてんすよ耳がちょっと。
謙:だって内容触れるって言ってもだってさぁー、なんか、完成してるしさもうー。この、話が
優:チャハッ!そうね!なんかもう!
謙:俺突っ込む…違うんだよ、俺何がってこれ突っ込めないのよ!もぉすごすぎて。
優:チャハッ!そうねー、ちょっとねー、
謙:そうなの。
優:ランクが高すぎんのかな。何て言うのかなぁー
謙:いや、俺はホントにちょっとでも粗があったら突っ込みたいんだけどぉ、ないのよ!粗がなんか。
優:チャッハッ!
謙:シンプルに良い話なんだもん。なんか
優:俺のこと好きなんてなかなか言えなくない?これ。や、たぶん相当好きなんでしょうねぇー。
謙:ドラマティックだよね。相当好きだよ?相当好きだね、これ。音楽の授業中…
優:いないですよ。ゃすごいわぁ…
謙:わかったよ、そんな…急かさないで😳読むから!
優:チャッハッハッ😂👏👏謙ちゃんっ、大丈夫ですか?w今日ちょっと。ちょっとふわふわしてますよ!
謙:ふわふわしてないよ!
優:ふわふわしてない?大丈夫?
謙:だってさっきからすごいさ、「早く読んでくださいよ😩」みたいな顔してさぁ…
優:チャッハッハッ!👏👏そぉねー!たまにはゆっくりいかせろって
謙:ちょっとさ、良いじゃん。そのテンポ感はこっちにやらしてよ。
優:たまにはゆっくりねぇ、してもねぇ、良いかなぁーと思うんですけろ
謙:わかってるから別に😒大丈夫!言わなくて😞(スタッフさんに反抗期な謙ちゃん?)
優:テャハハッ!そうね。リラックスしていきましょーよ、たまには。


謙:『私の胸キュン射的エピソードは、中学生のとき付き合って間もない彼と花火大会に行ったときの話です。まだ二人っきりだと恥ずかしかったので、他の友達も一緒にダブルデート的な形で行きました。』
はい、もうこの時点で俺結構理想の形です。
優:チャッハッ!
謙:『四人で仲良く花火を見ていると、彼が私の肩をポンポンっと叩いて話しかけてきました。でも花火の音でまったく聞こえなかったので』
はい、もう最高。
優:ォイーーー⤴️
謙:ジェスチャーで、何?と伝えたんです。すると彼が「俺の彼女になってくれてありがとう。これからもよろしくね。」と耳打ちで言ってくれたんです。』
優:フゥーーーーッ⤴️
謙:他に友達もいるのにすごく嬉しくてずっとニヤニヤしてました!』

優:あぁーっ。
ポポポンッポポンッポポン!ポッポッポッ!ポポポポポポポポポポポポポポポポ✈️
優:ヒャッハッ😂ポンポン好きすぎね!これマジでwしかも俺がこっち触れちゃいそうだから!なんなら😂
謙:最大のポンです。もう。
優:いやぁー、もう凄いな、なっかなかねぇ、
謙:いやいやもうだって…あれ?これさ、俺がなんかゆったやつ、の詰め合わせみたいになってない?
優:チャハッ!
謙:俺がいつも言ってるやつ。
優:謙ちゃんの理想を普通に叶えちゃってるよね~?
謙:叶えてるよ。
優:17歳にて。あー、そうー。これわ、できちゃうのかぁー、こういうことがぁー、みんなー。やー、ちょっとオッケーじゃないよ。これ。
謙:マジケだよ。これ~。
優:できちゃうの?こんな。
謙:今回の胸キュンが、素敵エピソードが多すぎて。シンプルになんだろ、負け、負けた!
優:チャッハッハッ!
謙:負け戦。
優:そうねー!👏ちょっとなんかもうなんか!
謙:今日負け戦だわ。これ。
優:ほんとにこういうことやってんのか?ちょっとドラマ
謙:そうなのよ。なんか今日そうだよねー!全体的に。
優:そうそう!なんかドラマを見てるような気分ですね今日。すごく!
謙:負け戦だわ~。
優:良いのかな?こんなんで~。やぁ~…
謙:すごいでもみんな幸せそうで、嬉しいよ。
優:ほんとにね、いやぁ…できないでしょ?こんなの😨
謙:このさBGMも相俟って俺たちがスゲー情けない…
優:チャハハッ!そうねー!!
謙:なんかさw
優:なんだアイツつえーよ!みたいなw
謙:まじかよ~みたいな。
優:ハッハッ😂👏そうねぇ~、ぁあ~ほんっとにもぉ羨ましいな~😭
謙:なんかさぁー、負け戦後だよね。完全にBGも。ペッポ♪ンーペッポ♪(3拍子ののどかなBGM😂)
優:しかもさいっつも俺イチャイチャは程ほどにって言ってるけどさぁ、程よいんだよなぁ今回!
謙:そうなのよ!そうなのよ!
優:程よいのよ~!
謙:なんかね、言えないのよ。なんかやりすぎでしょとか言えないの。ちょうど良い。
優:そうそうそう、イチャイチャしすぎとかじゃないんだよね、この、程よい距離感保ってんだよなぁー!今日。なんだこれ!!
謙:なんだろ、今日マジでほんとw
優:夏のラストにこんな攻めてくるか今日!
謙:そうだよ~!俺やだよ、8月の夜に俺こんな気持ちになりたくないよぉ~…
優:ヒャッハッハッ!ゃみなさん、もぉ、

 

録音が切れた(:_;)