⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

ゆるゆる優斗くんの記録

17.08.19 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし②

青春Too muchつづき・・・

 

優:👏👏
謙:どう?
優:いやー、青春!てか謙ちゃんのわりには長かったっすね!意外と。
謙:今日は…なんかその情景を、みんなに思い浮かべてほしかった。
優:ヒャッハッ!
謙:最後は~、二人で、服のまま飛び込んで、、
優:あぁ~~。
謙:ちなみにこの後、キスしたかどうかは、教えませんっ♡
優:チャッハッ!👏👏
謙:ありがとうございますっ😳ひゅーっ⤴️💦
優:そうですねwもぉーみなさんに任せましょう。そこは。や~今の謙ちゃん、ちょっと、あれだなぁ。青春してたなぁ。今のは。
謙:俺ちょっとなんか今…トリップしてたわ。向こうの世界に。
優:うん。ャハハハ!入り込んでた!?
謙:俺今、夜のプールいたもん今!
優:テャッハッハッハ!!
謙:俺ちょっと、なんかだからなんかねぇ、思わなかった。自分でもう「ぁヤバい、長いな💦」とか思わなかった。
優:ャハハッ!もぉねぇ、入り込んでたからね。それはそうだ、もちろん。プールなんだもん。
謙:じゃあもう、優斗も勘取り戻した?
優:いやぁーちょっと微妙だなぁ。さぁいきますね、僕。
謙:待ってw
優:ん?
謙:こんだけやって微妙なの?
優:ャッハッハ!
謙:俺わりとそれも考えて、たっぷり尺やったんだけど。
優:いやちょっとねー!ごめんごめん、久々すぎて、ちょっとね緊張してる!俺これ。
謙:ダメ、もういけまーす。
優:いきます!いやまだまだ、読んでませんから。いきますよ?
謙:読んでください読んでください。


両思いなのに付き合っていない幼ななじみと、花火大会に来ているとき。』

 

うわキッツ!
謙:はいっ。それじゃあ勘を取り戻した…
優:うわぁー😭待って待って待って、待って待って待って!ほんとに待って。
謙:優斗で、いきます!青春Too much♪

~♪
優:お、あっ。こっちこっちこっちこっち。
お前、おせーよお前!何分待ったと思ってんの俺。…30秒でしたっ!ベェ!!😝
フフッ♪ヒャハハッ!いやぁーーー、けろねぇーー、とりあえずどうする?何やる?何やる?射的やる!?
オーケーオーケーオーケーオーケー。じゃあ俺やるわ。
お前どうせやんないだろ?オーケーオーケー。じゃあ俺やる。
パァンッ!パァンッ!🔫
ちっとダメだなぁ。うまくいかないなぁ。
待って待って、ちょっと待って。あ、じゃあわかった!あのあれ、玉投げるやつやるわ、玉投げるやつ。(ストラックアウトみたいな?)
俺まじ野球やってたからいけるいける!いけるよ全然っ。うっし…
パンッ⚾️パンッ⚾️
フーッ、ちょっとアレだなぁこれ。玉がダメだこれ!
うわぁーもうちっともう…めっちゃダサいやん俺😥💦
わかった。もうわかった!ごめん。じゃあ俺もう穴場いく、穴場見つけて、ちゃんと、穴場見つけたから。一緒に行こうぜ。
よしっ。よしっ。ここなら誰もいない。
パァーンッ🎆
うぉーーー、綺麗だなぁー。けどさぁ…お前の方が、綺麗だよ。
~♪

謙:結構たっぷりやったね。
優:チャッハッハ!どんぐらいやってましたこれ今!?
謙:いや結構やってたよね…
優:結構、いや~!けど俺もね、全然感じなかったその長いの。
謙:優斗はでも、わりとアレだからね。長編作品をね、お届けするのが有名だから。
優:チャッハッ!そう、なかなかロング…
謙:ロングラン
優:ロングランだから結構!
謙:ロング、作品だから
優:そうそうそうそう。やぁ~、けろねちょっとねぇー、
謙:なんかでもさ、入り込んじゃうよね?これなんか。
優:入り込んじゃう!
謙:楽しくなってくんだよ。
優:久々にやると面白いなこれ。
謙:面白いわ。
優:なんかすごいドラマ見てる気持ちになる。自分で。
謙:も1回やる?
優:もう1回、もう1周もう1周。いきましょ。
謙:また俺からいく?わぁ!これまた…またこうストレートじゃないやつがくるねぇ、俺のやつ。
優:ヒャハハハッ!何?捻ってる?ちょっと。
謙:はい。


『友達とお祭りに行っていたら、私だけはぐれてしまい』女の子がね?はぐれてそんなはぐれた私を元カレが見つけたときのシーン。』

優:ツスッ!ひねりすぎじゃね?ちょっと!
謙:要するに、僕が元カレを演じるってことですよね。
優:なるほどね?謙ちゃんが元カレ役ってことね?なるほどなるほど。
謙:そういうことだ。…うぉっ、クセの…
優:ちょっと難しいなこれぇ。
謙:青春だよね、でも。
優:うんー、青春でしょ?謙ちゃん元カレですからね、あくまで。
謙:元カレかぁー。
優:ぁー、ちょっとこれ気になんなぁ。
謙:元カレ役かぁー。
優:いきましょうか。
謙:腕がなるぜいっ
優:ヒャッハッ♪じゃあどうぞー!

~♪
おぉ、あ久しぶりぃ!何やってんの?お前。一人でお祭りなんか来て。
え?あ、友達と来てたんだ。ぁ何、はぐれたの?あ、そうなんだー。携帯は?あ、家置いてきちゃった?
まじかぁー。そっかぁー…。どうすんの?探す?
ま探すのも、良いけど…あのさぁ、もし良かったらさ、今日の夜だけお前借りて良い?
~♪

優:👏👏👏👏👏👏
謙:どう?この…
優:携帯も忘れちゃったんですね。
謙:そう、忘れちゃったんだ。
優:テュハハッ
謙:だって思うじゃん。いや携帯で呼べよ。
優:携帯メール、携帯呼べよって
謙:合流されちゃうから。携帯ない設定じゃないと合流されちゃうから。
優:ヒャハハッ!そうですねー。けろやっぱり気はあるんですね、やっぱちょっと。
謙:うん♪
優:元カノ、うん。
謙:あのね。いや、べつに気があるとかじゃないよ。
優:違うの?
謙:今日、夜、どうせはぐれたんだったら、ちょっとお前の時間を貸してくれっていうことですよ。
優:あぁ~~~。チャラいですねー。ヒャハッ
謙:いいのいいの!夏なんてね、そういうもんだからっ
優:なるほどね。夏はそういう季節ですね確かに。ヒャハッ!大丈夫かこれw
謙:だいじょぶだいじょぶ。


優:さぁ!続きまして、いきますね。…俺さこれさぁ~😭💦大丈夫これ?いくよ?いきますよ?
『野球の甲子園で、相手校の吹奏楽部の応援の、なかに、とても(笑)タイプの女の子を見つけたとき!』

これさぁ😭高校球児絶対こんなこと思ってないからさぁー!😭
謙:いやぁ、でも優斗らしいお題じゃん。
優:いやいやwまぁまぁまぁ💦
謙:これを優斗が演じてくれたら楽しいよ。
優:なに!?w可愛い女の子見つけたとき?💦なるほろね😅
謙:もちろん、そうです。それじゃあ、いきます。青春 Too much✨

~♪
よーし、今日も負けねぇぞ~俺たち!ちゃんとな、地元のやつらの思いも、持って。よし行くぞ。
行くぞっ!!
あれっ…、めっっちゃ可愛いんだけど。あれ。ちょっと待って。ちょっと待ってお前、おい、待てよお前!
監督、ちょっと待ってください。1回ちょっと確認してきますねグラウンド。
ササササッ…
あれか。カワイイ!!なんでだ💦なんであんなに可愛いんだ!!困ったぁ~💦これはどうする💦
試合に出るべきか、、可愛い。いやけど!待て。この試合で、、もしも俺がホームランを打ったら、あの子は悲しむかもしれない。俺はどっちを取るべきなんだ😭地元のやつらの思い😭やぁ~けど可愛い!どうすんだ💦ぃや、けど、、仕方ない…。ア"ァ"ッ
よしっ、ここはもう、一期一会。一期一会っ。
けどやっぱり、俺は、地元の思いを背負ってんだ。
絶対に…負けない!!
~♪

謙:おぉーーーー。そっちの、
優:いくら可愛い子がいてもやっぱりねぇ!積み重ねてきたものは、裏切れないんすよ!結局。
謙:なんか、👏👏👏👏👏👏👏
優:チャハッ!👏
謙:なんか、良い。
優:けどねそうそうそう、
謙:やっぱりそこはね?
優:さすがにね!そこは取れない。男として。
謙:そこのゴールは良かったね~。
優:ダメダメダメダメ。
謙:ゃ、素晴らしい。
優:今のしかも青春してたかもしんないし(?聞き取れなかった😥聴力が低下してる⤵️⤵️)

謙:いやいやいやいやいや~、久々にやったけどぉ、俺青春Too much好きかも。
優:テャッハッ!ちょっとね、おもしろくなってきたよねなんか~。いや~
謙:さぁ、僕と優斗どちらの青春によりキュンキュンしたか、番組ホームページにある青春Too muchのバナーからちょっと投票していただこうかなと思います。それでは、
二人:投票、スタート!
謙:さぁ投票結果が出るまで、一曲聴いていただきましょう~。
優:はい⤴️

謙:『先日やっていたジャニーズ夏曲の番組では流れなかったけど、とても素敵な夏曲です。聴いていると切ない気持ちになります。』
これね、マジっで良い曲なのっ。これ大好きっ!俺
優:いや俺も好きっ!ヒャハッ
謙:今聴けるってわかって俺すげー嬉しい
優:投票前だからね~はい、緊張してますが。
謙:それでは、聴いてください。NEWSで、エンドレスサマー
~♪

 カンカンカンカンカン⏰

謙:良い曲っ!
優:デャハハハッ!そっちに浸ってちょっと投票ってこと忘れてたもん、なんなら。
謙:ここで投票締め切りです。どっちの青春が良かったのか結果を!発表しますっ
優:ハイ⤴️

ドラムロール

謙:勝者は………
優:なんでぇ!?
謙:安井謙太郎ありがとーう!センキューセンキューセンキュー♪
優:なんでなんでなんでなんでなんでぇ~😧これさぁ…ゥワッ!全っ然じゃん!なになになになになに。
謙:センキューセンキュー。いただきやしたっ。
優:俺これ…何がいたらなかった😥?これ。58対42ですか。
謙:いぇーい。
優:何がいけなかったのこれわ!なんだ!
謙:…経験値?やっぱり。
優:チャハッ!👏いやぁ~確かにそれはあったけどぉー。
謙:でも俺は優斗の好きだったからね、あの野球のやつ。
優:やぁーー俺野球のやつ結構青春してたと思うんだけどなこれぇ。いやーちょっと悔しいですねこれ~。
謙:まぁでもやっぱエモーショナルだったっていう僕の…
優:いやー、ちょっと悔しいなこれぇ。
謙:やぁ良いな~!気持ちいい!ということで、負けた優斗にはモノマネを披露していただきます。
優:もういいんじゃなんですかー?青春したんで。チャッハッ!
謙:いやいやいやいや!いやいややはり。
優:やりますかぁー。
謙:まぁでもいつも、最近俺結構さ~、おもしろいの、ふるよね。おもしろいのってか普通のじゃないやつふる。
優:そうだね。最近ちょっとねー、
謙:やっぱここは、僕の大好きな、やつをちょっと、モノマネしてほしいなってことで、僕の大好きな、8月の夜をモノマネしてください。
優:8月の夜wwwおかしくねっ!?
謙:お題ですっ。8月の夜です。
優:8月の夜っておかしくねっ!?ふつうに!!
謙:それでは、優斗で8月の夜のモノマネ、どうぞっ

3、2、1、GO!

優:あーー…もう夜かぁ。
カナカナカナカナカナカナカナカナカナカナ、かなしいよぉー
夏終わるのかなしいよぉー。カナカナカナカナカナカナカナ、かなしいよぉー
まだ夏終わってほしくないよぉー。カナカナカナカナ、かなしいよぉー⤴️!!

👏👏👏
(全体的に小梅太夫風だった😂)

謙:俺、俺知らなかったけど、8月の夜の正体って、カナカナくんだったんだ。
優:ヒャハハハッ!👏👏
謙:俺知らなかったぁー
優:そうなんです、実はね夏の夜を支配してんのはカナカナくんだったんですよ!全部。全部カナカナくんです、もぉー。
謙:マジかぁー…
優:ええ!カナカナくんの手の中なんです!実は。
謙:それ気づかなかったぁー、、そうかぁ…。
優:チャッハッ♪
謙:これからもカナカナくん大事にしよう。
優:カナカナくん大事にしていきましょう。
謙:はい。というわけで、以上、青春Too muchでした!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

優 :おひとり、サマー日記✨

さぁみんなのお一人様の夏の過ごし方を送ってもらいましたっ。(イケボで。優斗くんの考えるイケボがよくわからない~😂笑)
謙:どしたのどしたのっ?急に。
優:いきやしょうっ。やっぱ夏モードでっ、イケメンモード。イゲメwイケボで、1通目はいきたいと思いますっ✨
謙:イケメン言えてなくてイゲメンになってたよ。
優:テャッハッハッハ!さぁ、さぁいきますねー!(笑)(いつも通りに戻った😂)
謙:はいどうぞ~⤴️


優:『謙ちゃん優斗さん』ぉい、距離感あんなw『こんばんは。私は、』
謙:そうだね。優斗さん⤵️じゃなくて優斗さん⤴️の方でしょwこんばんは。
優:優斗さん⤴️ね。あぁ~なるほど、尊敬してくれてんだ。ありがとうございます!
『私は外は暑くて苦手なので、家の中で録音しておいた過去のらじらーを初回から順番に聴き直して過ごしています。』
謙:ぉ、ありがとうございます。
優:『二人のラジオは何回聴いても本当に面白くて楽しいです!笑い疲れます!かっこわら』
謙:ありがとうございます。
優:これからも二人で楽しいブリンブリンならじらーをお願いします!

謙:うれってぃー
優:いや~、ありがとうございます。初回からずっとね!録音しといてくれてて。
謙:ね。うれてぃー
優:ウレティーですこれわもう!
謙:俺らもなんかあれだね、タイミングあったらなんか聴きたい、聴いてみたいね、最初の頃の。
優:そうだね、自分達の初回のやつとか聴いてみたいですよねー!
謙:めちゃめちゃ緊張してたよ~。 ぃや今も緊張してるけど、
優:チャッハハ!
謙:あの緊張の、
優:もちろんね!程よい緊張は持ってますけどやっぱり。
謙:そう、
優:無駄な力も入ってましたから初回は!
謙:そう、もうガチンゴチンだったからねー。
優:そうそう、もう手汗止まんないっす!👏👏👏しか言ってなかった。俺もう
謙:そうそう、そうだねー。
優:「手汗やべえっす~!😨💦」しか言ってなかった。
謙:言ってなかった?
優:マジもう、だから、ぁーちょっと聴いてみたいなぁー!いつかね。 振り返る時とか。
謙:そうだね。
優:いゃぁー、良いな。 
謙:ありがとうございますー。
優:ありがとうございますー!ホントに。


謙:続きまして、愛媛県・チームバツイチさん・50代の方からいただきました。
優:おっ、ありがとうございます。
謙:先日、
~♪(カナカナくんの音が鳴ってから喋るのに、先に喋ってしまった謙ちゃん。)
ぁごめんなさいね。
優:カナカナくん、
謙:カナカナくん忘れちゃうんだよね、いつも。
優:カナカナくん忘れないで?夏夜支配してるからっ。
謙:『先日、べっぷ火の海まつりの花火大会を、フェリーに乗ってひとりで見に行きました。』
優:へぇーー👀
謙:『夜20時開始だったのですが、夕方16時半から場所取りしていました。開始時間が近づくにつれどんどん浴衣姿のお姉さんたちが私の周りを固めていきます。隣のお姉さんが扇ぐ団扇の風が私にもあたり幸せなひとときでした。』と。

あっ、これ男性の方か。
優:あっ、なるほど!
謙:なるほどね。
優:ちょっとね、あれだったね。変態気質だったね♪今。テャハッ
謙:え、いやいやいやいやwまぁまぁまぁまぁ、そうね。
優:変態気質でしたよ今の…
謙:良いなぁー。浴衣姿のお姉さんたちに周り固めてもらいてぇー俺も。
優:テャッハッハッハ!👏👏そーゆうこと言うんじゃないよwほんとに。ハハッ
謙:固めてもらいてーなぁー…浴衣って良いよねぇー。
優:浴衣って良いねぇー。
謙:てゆーか、すごいね16時半から場所取りって。
優:そうだね、16時半。しかも1人ででしょ?だいぶポテンシャル高いね。
謙:ポテンシャル高い。
優:ポテンシャル高め男子ですね、これわ。やぁー、すごいなぁー。
謙:良いなぁー。俺ちょっと羨ましい。バツイチさんが今羨ましいもん。
優:ヒャッハッ!


『私は宿題がひとつも終わってないのに、ひとりで魚を買いに行き、ひとりで魚をさばいていました。わら。さばいた魚は、煮たり焼いたりお刺身にしたりと料理して、その日の夜ご飯にしてました。』

14歳!😨
謙:へぇー。
優:14歳!
謙:14歳。
優:1人で魚さばくか!おっそろしいな。
謙:すごいねぇ
優:すごい、内蔵こわ~い💦
謙:将来はもう…横尾さんに続く…マグロ解体師の
優:チャハハッ!マグロ解体師とかもう凄いですよねホントに~。
謙:凄いよ。だって日本に数えるほどしかいないんでしょ、マグロ解体師。
優:ぁ、そうなんだぁー。あっ、そうなんですね。
謙:すごい。マグロ解体できるアイドルって新しすぎるよね
優:ヒャハハハッ!すごいよね、しん、新しく開拓してく感じが
謙:すごいよね…是非、ね。横尾さんの次は、続いてください。
優:続いてください。さぁやさん、さぁやさん。
謙:次マグロにね、マグロにさぁやさん行ってもらって。


『最近、おじいちゃんから万年筆を貰いました。なので万年筆で綺麗に字が書けるように漢字練習をしながら特訓しています。』

ということで。すごーい。
優:おぉー。万年筆ねぇー!
謙:万年筆とか持ってる?
優:俺ねおじいちゃんに貰ったことある!
謙:持ってんだ。なに?万年筆っておじいちゃんから貰うもんなの?
優:あのさぁ~、あれだよね。おじいちゃんが使ってるイメージ
謙:そういうお決まりがあんの?wおじいちゃんしかあげられないのかな?
優:すぅごい書きにくいですよねアレ!
謙:ぁ、そうなんだ。
優:めちゃくちゃアレ達筆な人しか書けないんじゃないかな。
謙:確かに。あれ固いんだよね?先っちょが
優:しかもさあれさ、俺手についちゃって、インクみたいのが。もうねあれね俺もうあれですね、諦めました。もう。封印しました!貰って3日で。
謙:封印した?なんかさ、こう書くときになんかさ、ちょっと独特な音しない?万年筆って。
優:カッカッ✒️カチカチッ、カッカッカッカッカッ
謙:俺ちょっとアレ駄目なんだよねー。
優:カッカッカッは漫画かw
謙:なんかわかる?この後ろのさ、肩甲骨がゾッとする
優:え、そうっ!?俺さ!
謙:しない?俺だけ?
優:いや!俺黒板とかを爪立ててキィーってやるやつは!
謙:あ~もう無理無理無理!ちょっと待って、俺ねそういうの大っ嫌いなの
優:アレはやばい!アレはやばい!キィーってやつ
謙:今俺、もうダメだもん
優:あ~!!考えるだけでダメだっ!アレはヤバイけど万年筆は大丈夫ですねー。
謙:今絶対リスナーのみんなもあぁっ😱💦てなったよw絶対、今の優斗の
優:ヒャッハッハッ、梅干しみたいな感じでねwァハハ!
謙:そうそうそう、梅干しを食べるの思い浮かべた時みたいな


優:『ダイエット目的で、家から海まで片道15分毎日走ってたら、海に行くのにハマって、最近はキュウリを持って走り、海についたら海水につけて食べてます。』お、だいじょぶかー?w
塩、しおっぱさと、キュウリのみずみずしさで、』
謙:しょっぱさじゃない?
優:しおっぱさ?しょっぱさって漢字で表現するんですか。あぁー、それは、新しいですね。
謙:新しくはない。漢字は昔からあります。ハハハッ
優:(笑)『しょっぱさと、キュウリのみずみずしさと、が美味しいです。8キロ痩せて日焼けもヤバイです。謙ちゃんゆうぴーも、1回試してみてくださーい。』

そっかー。塩水につけるんですねキュウリを。
謙:や~俺それ初めて聞いたぜ。
優:新しいな。そっか塩…?
謙:キュウリはお味噌につけんじゃないの?
優:だいぶ綺麗なんでしょうね、海も。
謙:(笑)そういう解釈?wそっちの解釈?w
優:いやいや綺麗な海じゃないとキュウリつけようと思わなくない?だって!
謙:まぁまぁ確かに。そうだねそうだねそうだね。わかるわかるわかる。
優:だってさぁ、汚ない海だったらつける気なんないじゃん。
謙:そうだね。僕はちなみにキュウリの…ぬか漬けが好きです。
優:あぁ~あぁ~…実は…僕もですっ。チャハッ!けど結構キュウリの漬物好きっす。
謙:俺おばあちゃんが作るキュウリのぬか漬けが世界一美味しいと思ってる。
優:キュウリねー、良いんですよね。しかも、夏野菜なんでね。良いんですよ。
謙:でもSnowmanの岩本照くん、ひーちゃんキュウリ嫌いだから気を付けて。
優:あっwマジっすかw
謙:キュウリの匂いもダメだから。気を付けて
優:ァハハッ!絶対言うのやめよー!
謙:キュウリの近くに行くと嫌な顔する。😫こうやって
優:ャハハッ!👏👏けどうちのHiHi Jetのメンバーの、井上瑞稀くんもダメなんですけどやっぱね~ちょっとねぇー、やっぱちょっとね。クール系な人はきっとダメなんでしょうねぇ。はい。
謙:クール系なの!?w
優:クール系なの。瑞稀くんはちょっとね、怖いんですよ。ドS系なんで。
謙:あぁ、おもしろい。

優:あ~い。さぁ、じゃあ、以上ですか。以上!…やぁ~、ホントにみなさんの夏のね、おひとりサマーホントに楽しかったですね♪👏ホントにね~
謙:そうだね。
優:もう髙橋優斗今からまとめるんですよ!実は。意味わかりますかぁー?良いですか?まとめても。
謙:どうぞどうぞ。
優:じゃあホントにみなさん、この夏のね、この残り少ない夏をみなさん楽しんでくださぁい。さ、以上おひとりサマー日記でしたー。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:さぁ、みんなから届いたお便りも紹介していきます。
ぃやでも、良いな、なんかお一人様の過ごし方知れたの良いな。
優:いや~、ね!面白いね、みんな。面白い過ごし方してんだ。
謙:ね。
(この不自然な感じ、優斗くんのまとめが雑すぎて謙ちゃんがフォローする流れになったのかもしれないと思った。笑)

『謙ちゃん優斗くんこんばんブリン。』
優:こんばんブリン!あぁー、新しいですねこれわ。ありがとうございますっ
謙:新しいですね。今いらっしゃいって言いそうになっちった。
優:そうそうそう!危なかったw実は21時台だった!
謙:『突然ですが、相談です。幼なじみからさっき久しぶりに突然LINEがきて、デートに誘われました。』
優:えぇーーーー👀!!
謙:『幼稚園からの同級生で、まさかのデートということですごく動揺しています。行こうとは思っていますがどこに行くとかは決まってなくて。謙ちゃん優斗くんが幼なじみと行くならどこがオススメですか?またどんな服が良いと思いますか?』
優:いやぁーーー
謙:『夏休み中に行きたいねって話してるので、是非アドバイスください。』ということで。

優:この服系ね?この、どこに場所と。
謙:これはやっぱアレじゃない?優斗さんの…やっぱ優斗さん物件じゃない?
優:やぁーもうねぇーー、、場所はねぇ。けど夏休み、幼なじみっしょ。たぶん、幼なじみじゃなかったらその水族館とかさ、洒落たところでも良いんだけどぉ、
謙:(笑)水族館、洒落たとこなの?優斗の中で。
優:洒落てますね、水族館は。
謙:最近のね?確かに…
優:だから、なんかホントにそれこそ親しんだところというか、何て言うんだろうなぁー
謙:え!でもさぁ
優:初っぱなかぁ。
謙:わかんないけど俺なんかその、同級生、幼なじみだからこそ、いつも行ってるとこじゃないとこに行った方が良いんじゃない?なんかその。デートっていう感じを出した方が良いんじゃない?てか!
優:遊園地は?遊園地。
謙:ぁ~…暑くない?
優:遊園地ってさ、子どもの気分、なんか童心に返れる感じじゃん。
謙:そっか。確かに二人で行くっていうのは良いかもね。
優:二人で遊園地っていうのは良いかもしんない。
謙:じゃあ遊園地だったらやっぱりスニーカーすかね?足元は。
優:スニー(笑)そうですね、スニーカーで、
謙:いっぱい歩きますからね。
優:そうですね。スニーカーで、スニーカーで、遊園地だったらもう何て言うんだろう、スニーカアー!👏なんだろ、なに?
謙:下は。
優:ジーンズ👏
謙:ショ、
優:ショーパン?
謙:ショーパンみたいな。
優:ショーパン?いやスカートはダメ!遊園地だから。
謙:ダメなの?
優:遊園地は。遊園地はスカートはNG🙅うん。
謙:そっか。
優:走り回るためにもやっぱり!
謙:走り回らなきゃいけないの?w遊園地で。
優:走り回ろうよ!みんなで!!
謙:嫌だなー。俺は、なんかほら。乗り物乗ったときとかほら、大変じゃん。スカートだとこぉ、押さえて、
優:それももちろん、それは最前提、前提前提。
謙:だから、それなのかなーと思った。走り回るの?
優:そうそうだから、走り回る!
謙:優斗と行くと走り回らなきゃいけないw
優:遊園地は走り回ろう!みんなでもう。
謙:ぁーそう。じゃあまあショーパン
優:スニーカー👏ショーパン👏
謙:上は?
優:上は、もう何だろうなぁ~。ちょっと寒くなってきたから、カーディガン系のちょっと羽織れる系のやつも、
謙:なるほどね。
優:持ってって、夜まで楽しみましょーよ!もう!イチャイチャは程ほどにぃ、お願いしますぅ。いざ付き合ったとしても。お願いしますよホントに。ヒャッハッ♪
謙:お願いしますよぉー。あの、、まぁもちろんホントに頑張ってほしいし、結果も報告してほしいんですけど、今の時点で、シンプルに…のろけです。
優:チャッハッハッハ!👏もう付き合う前からのろけてます!若干
謙:ここまで来たら、もうこの後も、ガッツリのろけてまたきてほしい。
優:付き合う前からデートとか言ってる時点で、のろけてます!これはもう!確実です!報告待ってます😳
謙:というわけで今週もメール、
二人:ありがとうございました~。
。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 
謙:らじらーサタデー21時台は、そろそろお別れの時間です。
優:さぁ来週の僕たちの時間は、夏祭りをやりますよ。みんなの胸キュンエピソードを募集する「胸キュン射的」気になる相手を振り向かせるワードを教えてもらう君の釣り言葉」などをやります。

~22時台紹介~

謙:いやいやなんかあれだね。俺たちお祭り、行きたすぎてお祭りの企画になってる。
優:チャッハッ!まさかの企画にしてくれるっていう
謙:もう、お祭りはだいじょぶよー?あの、みなさん大丈夫です。ほんとスタッフさんありがとうございますホントに。もうお祭りは僕諦めました。今年は無理だなぁーと思って
優:ヒャッハッハッ!もうね、もうちょっとね、もう詰まってます。ありがとうございますっ!ヒャハッ!
謙:(22時台の企画)自分流に答えてくれんだって。なんか風磨と聡ちゃんに聞きたいことあるー?
優:え、どーゆうこと!?質問ってどういうことですかっ
謙:なんでも良いんじゃない?
優:俺思い浮かばないっ💦質問質問…あの~、髪を染めるタイミング?
謙:あぁーー。
優:いつ染めたのか👏気になる。風磨くんとかの初染めとかね!👏
謙:あぁ~、風磨の初染め?
優:タイミングとか気になります、ハイ。
謙:あぁそうですか…うっすいね。
優:うっすいです!はい💦ありがとうございます!
謙:というわけで、らじらーサタデー21時台、
優:急なんですよ!!wゥッヒャッハ♪
謙:ジャニーズJr.の安井謙太郎と~
優:髙橋優斗でしたぁー!
二人:22時台も、聴いてね~。バイバーイ
優:薄いよ~。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

その日の22時台Sexy zoneのらじらーで、↑の優斗くんの質問に対するお答えが!

 

聡:『聡ちゃん風磨くんこんばんにゃん!』
風:こんばんは。
聡:『さっき21時台の最後に、Jr.の髙橋優斗くんが「風磨くんの髪の初染めの時期を知りたい。」と言っていました。私も気になるので教えてほしいです。』と。

風:中3じゃなかったかなぁー。
聡:あ、中学3年生の時?何色にしたの?
風:ぁ~、中3か高…茶髪だったと思う。
聡:あっ、そうなんだ。
風:学校が厳しくてホントは染めちゃダメだったんだけど、染めて、怒られて。
聡:フハハハハ!青春だねぇ。
風:うーん。でも染めて…みたいな、ことをやってましたねぇ
聡:数えきれないくらい染めてるもんね~もうね。
風:やぁ~、いろいろやったね。今でももう黒なのよ。今日またちゃんと黒入れてきたんだよ。
聡:ね、綺麗な黒だもん。
風:綺麗にしたかった。
聡:ね。
風:(笑)
聡:フフフ!すごい綺麗。光沢がある。
風:髙橋優斗くんっていうのはいくつなの?
聡:今、何歳だろう…。
風:じゅうー、なな?
聡:でも僕よりは下、?
風:16?17。
聡:ぁ、マリウスと一緒。
風:へぇーー。じゃあまだだな⤴️
聡:まだかなー。
風:うん、18、19。19ぐらいじゃん?
聡:おっ。じゃあ僕ですか?今の。
風:うん、でもあなただって染めたじゃない。
聡:そうね、あ、そうだ。優斗くん染めたことないのかなぁー。
風:なさそうだけどね。
聡:ね。
風:なんかだって…いまだにこう…夢の国行って、夢の国を男子だけで行くっていう。
聡:あっ、そうなの?
風:しかもらじらー前に。
聡:あっ、そうなんだ💡
風:そん~~~なこと俺できないもん。絶対
聡:へぇー!
風:夢の国、大好きだけど
聡:夢の国行ってからのらじらーさん。
風:できない!確かに俺もでも、中学生とか高校生のときは行けたかもしんない。
聡:今は無理?
風:今は無理😨未だにというか今、それができるっていうのはやっぱり、若いんだな~。と思う。のが違うっ、俺あんまり人のことというかさ、まだ若いから。若いなとか言いたくないんだけど、それは思った。髙橋優斗くんのエピソードを聞いて。
聡:すごいね~。
風:「はーい!今日僕あの~ディ、言ってきました❕✨」
聡:ハハハハッ!
風:ディ🐭、まで言っちゃったけど。
聡:へぇーーー。
風:びっくりした。