⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

ゆるゆる優斗くんの記録

17.07.01 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし②

優:キザすぎてっ
謙:ソーリーッ

優:フッw
謙:いやいやいや、あの、キザすぎてsorryのコーナーなんですけども、アーイアイアイアイ聴きたかったよぉー!(先ほどのリクエスト曲の、ジャニーズWESTのおーさか☆愛・EYE・哀がめっちゃ良いところで終わった為)
優:ヒャハハハッ!やぁー、ごめんなさい。
謙:俺めちゃ待ってたのに~
優:テャハハッ
謙:アーイアイアイアイアイ俺やる準備してたのに!
優:もうキザに切り替えましょう!もうここわね!仕方ない仕方ない。
謙:残念😭家帰って聴こ…
優:さぁ、皆さんはCD買って聴いてください。ヒャッハッ♪
謙:さぁリスナーの皆から送ってもらったね?あの~、日常のよくある会話の質問に僕たちがキザに答えるという企画を今からやります。
優:なるほど。
謙:ね、キザすぎてsorryですよ。今回もね対戦形式ですよ。
優:え~、リスナーの皆は僕と謙ちゃんどちらの方がキザだったか判定してください。負ければムチャブリのモノマネを披露します!さぁ。
謙:あー、そうだそうだ。あの前回、ね。僕がどっちやるか、キザすぎてsorryと青春Too muchどっちやるかっつってコインで、コイントスでこっちに決まったからね。
優:そうだねー!あ、そうだそうだ、うん。
謙:今んとこ、青春Too muchで俺が2勝しててぇー、キザすぎてで優斗が2勝してる。
優:あ!じゃあ俺これ結構得意分野なの?
謙:そう、優斗分野、優斗の…
優:得意分野?
謙:そう、方面だよね。
優:あっそう!そういうイメージないけどね!俺これ。ヒャハッ
謙:…なんで急に声はったの?w
優:いやいやいやいやいやいやいやいや、なんか急に嬉しくなっちゃいました。勝ってるからっ
謙:あ~、なるほどね。オッケオッケー
優:まぁけろこれもね、ちょっと、わたくし髙橋優斗。ちょっと、勝ってるみたいなんで今日も
謙:まぁ俺逆に言ったら2戦2敗してるワケだからぁー
優:そうそう。もぉ、
謙:いかないとね。これ、次これは勝たないとだな。
優:いやいやごめんなさい、もう。かるーーくちょっとね、3連勝いきましょっ。
謙:じゃあどっちいきます?
優:僕後攻で!ヒャッハッハッ!
謙:まぁ、でも勝ってますからね?
優:そう、勝ってるから!
謙:じゃあ…いきましょう。

 

 

『もうすぐ七夕。1年ぶりに会う織姫様に何て声をかける?』

はーーーい!
優:なるほどぉーーー。彦星。…合ってるよね?タャッハッ!
謙:なんかもう、、彦星。そう、彦星。
優:彦星、彦星。
謙:じゃもぉこれは~、もう、

~♪(音楽流れるの早い😂
優:ヤハハッ!!👏👏いきましょお!やーっぱりリズムが大事ですから、こーいうのは。ポッポッポッポッて⤴

謙:織姫。1年ぶりだね✨この1年間、星の中で、織姫のことだけを考えてたよ。今日しか会えないけど、次の1年間も、ずっと、ずっと、織姫のことを考えて、夜空を照らすよ。
~✨

優:チャハッ!👏👏
謙:これ、あのー、イメージは、…実写化。
優:チャハッ、どゆことっw実写化。
謙:実写化、実写化よ!
優:あのストーリーが。あのラブストーリーよ。
謙:そうそう、七夕がぁ、実写化して、俺に、彦星役が万が一回ってきた場合、
優:回ってきた場合⤴
謙:こういったテイストでお送りする。
優:テャハハッ!なるほどね~。
謙:やっぱ星の中でっていう、俺、星の中でっていう表現好きなの。
優:なるほど。確かにちょっとね、キザかもしんないね。
謙:そう、キザだったもん。
優:キザだわ。そりゃ確かにそれはキザですわ!
謙:そうそう。
優:敵ながらあっぱれ。…(笑)
謙:…そうですね。ありがとうございます。


優:『背が高いから、ヒール履きたくないし、ぺちゃんこ靴だとスタイル悪く見えるし、どうしよう😖💧』

謙:これにたいしてキザにね?
優:あ~、なんで💦これ、ぁ~😭待って、俺急にレベル高くなってない?待って待って、ぉマジ?考えなきゃ、ちょっと待って。えっとねぇ…

~♪
なんでぇっ!?
謙:こーゆう、こーゆうコーナーなんでw
優:待って待って待って、うん。
謙:しかも踊らされるコーナーなの、これは。

優:………スーッ、そんなだってヒール履いてもさ、ぺっちゃんこの靴、どっちが良いって言われたらさ、それは、ぺっちゃんこの靴が良いよね。だってさ、高いヒール履いたらさ、キスできないじゃん。
~✨

謙:あの…ずいぶん、背おっきいんですね。タハハハハ!
優:テャハハハハッ!
謙:相手の方は。
優:いやいや!やっぱヒール履いちゃうとねやっぱりそのやっぱキスしやすい身長というのがあるんですよ、やっぱり。キスしやすい身長の存在を知ってる優斗くん😳😳😳
謙:ぁ、こう下にね?
優:そうそうそうそうそう。
謙:あれ、なんか理想の身長差ってあるんだよね。
優:そう、あるらしいね~💡どんぐらいなんだろうね?
謙:わかんない。まぁ俺基本的にそういうの気にしてたら生きていけない。
優:テャハハハッ!👏👏確かにね!
謙:そういうの気にしてたらもうやってけないから。
優:140cmくらいになっちゃうかもしんない♪
謙:やめろや(゚Д゚)
優:テャハハッ!!


謙:『なんで夏ってこんなに暑いの?』

なるほどっ。
優:夏はなぜこんなに暑いのか。

~♪
早い!ッアッハッハ!
謙:なんかさ、これさ、いきますよーみたいの前あったじゃん。どぉした?
優:ゲホッゲホッ(むせてる💦)さぁいきましょう。

謙:夏?なんでこんなに暑いかって?それは、季節が俺と君とのアツアツさに負けないようにしてるからだよ。
~✨

優:ツスッ…クセーーー⤴⤴
謙:ゃなんか、俺、ヤバいね。
優:ハハッ!うーん。や~、けろ確かにキザだね!そう言われると。
謙:あのね、そのテンションがいっちばん傷つくわ。
優:キザですっ😌ハハハッ
謙:そのテンションがいっちばんしんどい!
優:まぁ確かにしっかりね分析してみると最終的にはキザですね、やっぱり。
謙:キザでしょ?
優:ゃキザですよ。その心は?
謙:キザだよ。
優:あ~。さぁじゃあいきますね。
謙:季節が勝とうとしてきてるって、ぇ良くない?ワードチョイス的に。
優:ャハハッ!
謙:こんな引き出しある?
優:若干共感がないですけど。
謙:いやいや、あるでしょ。お前そっちに持ってこうとすんなよ。
優:ヒャハハッ(*≧∀≦*)
謙:お前なんかそういう!お前ね、俺ね思うんだけど、最近お前そういう節があるよ、お前は。
優:ちょっとね♪
謙:ちょっと優斗ね、ここのトークで勝とうとしてる。

優:ヒャハハハッ!さぁいきますよー。愛知県・優斗くんに好きって言われたいさん。…好きです!⤴めっちゃ元気な宣言かわいいw)
え~、『彼女と、』え、これもキザのポイントに入るんのかなぁ~と思って。さぁ『彼女とプールに行ったとき「今、他の女の子見てたでしょ?」と言われたときの一言。』

謙:おぉ~、良いじゃん。
優:え?良いの?
謙:なんかやりやすそうじゃない?
優:え、全然俺いっちゃうけどだいじょぶこれ?

~♪
え、だいじょぶ?え、やばいんだけろ。

え?なになになになに。や、見てたけどぉ!別にだって、、、ゃ嘘です、強がりました(笑)あろぉ~、なんか、そう言ってもらいたくってぇ、あの、、、見てたんだよね。
~✨

謙:あ~、なるほどね。その逆にね。
優:ドュハハッ!!ほんっとにすいませんwあのw肯定しないでほしいwこれは。
謙:逆にね?
優:うーん、ちょっと、逆に、逆に見てました!もう、もはや!
謙:逆にね?
優:逆に!うーん。
謙:あ、でもちょっとね、俺は結構好きかも。
優:好き?好き!?
謙:俺はね。今の俺のなんかちょっとひねった感じが好きだな。
優:ぁホントですかぁ。だいぶ、裏の裏をかいた表だったんですけど。

謙:さぁ、僕と優斗、どちらがよりキザだったか。ポイントはそこですね?
優:いきましょう。
謙:番組ホームページにあるキザすぎてsorryのバナーから投票してください。ということです。それでは投票の間に今日は1曲聴いてもらおうかな~と思ってます。
『先日、お母さんと映画「Beauty and the beastあ、すいません。美女と野獣を観に行きました。』
優:ツーーースッwヒャハッ
謙:『凄く感動しました。映画を観てからよく鼻歌で歌ってしまう曲です。』わかります。
優:うー、ちょっとキザずるくない?それわ。うーわっ!やられた。
謙:アリアナ・グランデジョン・レジェンド美女と野獣」✨
それでは投票、スタートーーッ!
優:ずるいわ。

~♪
(カンカンカンカン )

謙:やぁっ、聴いてたかったけど、
優:やぁ、ちょっと💦ゥハハハッ、もうちょい曲聴いてたかったよ。
謙:ここで投票終了ということで。
優:いやぁ~もぉ~。
謙:どちらがキザな男を演じることができたか、結果を発表しますっ!

(ドラムロール )

優:ウワァーッ!!
謙:勝者は僕!安井謙太郎~っ!
優:いや~おぉ~
謙:超接戦じゃん。
優:う~おっ!接戦すぎるっ。
謙:50~もうほぼ、ほぼ、もう超僅差だよ、これ。うん!五分五分です。ほぼ。
優:あぁーーーーー。
謙:さぁそれでは。
優:51対49。
謙:51対49じゃないよ。
優:あ、違うか。パーセントだ!
謙:違うよ、パーテンセージね?したら俺たち100人、100人しか見てくれてない
優:100人アンケートみたい!
謙:うん、危ないことになってたよ。
優:さぁ以上にしますか。まとめましょう。
謙:さぁ、それでは負けた優斗には罰ゲームとしてムチャブリのモノマネをね、やっていただこうかな、と思うんですが。
優:っし………。はい、なんですか?
謙:じゃあそうですねー、うーん。じゃあ今、夏。今日は7月ということでやっぱ夏。スイカ割り、の、割られる直前の、スイカ
優:チャッハッ👏👏ハハッ!
謙:それではやっていただきましょう。イカ割りで割られる直前のスイカのモノマネ。どうぞ!


(3、2、1、GO~!)

あーきたきたきたきたきたきたきたきたっ!きたきたきたきたきた!

おぉー危ない危ない危ない💦もぉ~何やってんだあいつもう~。

アーッ!来た!危ない危ない危ない。はぁーっ、はぁ💦💦どうしようーっ、

あの、とりあえず僕を産んでくれたっ、あのっあのっ、
先祖様、お父さんお母さん、ありがとう😭💦
あっ、きたっ!きたきたけろ………パッカーン。割れました~。

(歓声SE)

まぁーそうなってるでしょうねぇ。
謙:そっちパターンだったんだね。あ、俺のちょっとテイストと違ったわ。
優:何?謙ちゃんやったらどうでした?
謙:俺は待ってる方。
優:チャハハッ!
謙:よーしよし、ぉーしやっと、やっとだ!って俺、想像してたんだw
優:やっと!やっと割られる!俺割られるんだ!ィヤハハッ!
謙:割ってもらえるんだっ!ていう方。
優:おもしろいですねっ。ヒャハハッ
謙:結局両方…
優:ちょっと変態じゃないですか、それ~
謙:はい、そうですー。はい、ありがとうございました。
優:おもしろいですね~。
謙:というわけで以上、キザすぎてsorryでした!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:ビビった😨!結局…怖くない話

キャー!こわぁーいと思ったら実は見間違いだったとか思い込みだった、という結局怖くない話を紹介していきます。
優:ほんっとに怖くないですからねぇー。さぁいきましょうか。

『こんばんは。先日、14歳になった中2の女子です。せっかくなので、その時のエピソードをお話します。学校帰り、家に帰ってきたら、玄関の鍵は開いているし、窓も一部が開いていました。私は二世帯住宅で、おばあちゃんやおじいちゃんも私が帰ってくるといつも飛び出してきて、「おかえりなさい」と言ってくれるのに、今日はありませんでした。親から出掛けるとの連絡もないので、誘拐でもされたのかと思い、すごく怖かったです。しかし、私が着替えようとして、クローゼットを開けると…ビックリ。

アアアアァーーーーッ!

家族や友達が、みんな「おめでとう~!🎉✨😆✨🎊」と言って、出てきてくれました!嬉しさと驚きと、さっきの恐怖で泣いちゃいました!いろいろあったけど、幸せな誕生日でした!』

謙:おぉーっ。
優:なるほど。おめでとーう!👏👏👏👏👏
謙:おめでとーう。
優:なーるほどね、怖いわ、これはけろ。
謙:怖くないだろ!
優:いやいやいやいや、だってさ。家帰って鍵あいてたらこわいじゃん!
謙:1回ね?1回。想像したら
優:それは確かに怖い。ある意味怖い話、うーん。
謙:ある意味怖いね。
優:や~、けろね、こうやってね、祝われるとね
謙:サプライズってでもそうだよね、1回ちょっとビビらされるもんね。
優:サプライズってやっぱそういうのが大事なんでしょうね、きっと。
謙:サプライズはね~、やっぱ、あるよね。誕生日とか。
優:やぁ~、あるんでしょうね。きっと。いや~、すごい。怖くなかったです。さぁ。ヒャハッ♪
謙:怖くなかったです。
優:怖くなかったです!や~、けどなんか、ホントにあれですね。3回やったんすか、今日。
謙:うん。
優:ぜん~ぜん怖くない!
謙:そうねー。なんか、怖い話、やりたいなって思った。
優:ヒャハハハハッ!切実に。
謙:そぉ、なんか。怖くないからね。怖いのやっぱちょっと聞きたい…
優:まぁまぁけろこれも面白かったですね、逆に!逆に!みたいな、うーん。
謙:面白かった、逆にねー?なんかこぉわかってんのにさ、オチ。言うって恥ずかしい😳
優:ヒャハハハッ!そうそうそうwやぁ~けろ面白かったです。
謙:ちょっと僕たちにとっては、怖い、コーナーでした。
優:ヒャハハハッ!
謙:以上、ビビった!結局怖くない話でした。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:さて、ここからは皆から届いたお便りを紹介していきまーす。
優:はいっ!

『安井くん優斗くんこんばんは~。』
二人:こんばんは~。
『シャッフルBGMトーク二人が情緒不安定な人みたいでとても面白かったです!』
優:いやいやいやいや…
是非またやってください!』

優:いやいやいやいや、そういうコーナーですから。ヒャハハッ
謙:ねぇ。そ、このシャッフルBGM、もう1通きてますよー。

『安井くん優斗くんこんばんは~。』
二人:こんばんは。
らじらーを電車のなかで笑いを堪えて聴いていたんですが、』
優:いや笑って良いんですよ。
シャッフルBGMトークでこらえきれず吹き出してしまいました。』
優:チャハハハハッ、やったぁ⤴
謙:『そしたら、隣の男の人も聴いていたみたいで』
優:マジでぇっ!?
謙:『恥ずかしさがなくなりました。この企画面白いのでまたやってほしいです。』

優:らじらーファミリーだぞこれぇ。繋がるっ。
謙:え、すごくない!?
優:すごいわ。
謙:え、もしかして結構日本らじらー聴いてんじゃね?
優:ゥハハハッ!
謙:この感じでいうと。嬉しいね。
優:いや嬉しいですね~けどそれは!しかも僕たちの時間帯を聴いてくれてるってのが嬉しいですよね~。いやー。良いですねぇー。しかもさぁ、
謙:嬉しいよぉ。いやいやでも確かにこの、あれ面白いもんね。めっちゃくるじゃん!

『先程のBGMの企画めちゃくちゃ面白かったです。』
優:ありがとうございますっ!
謙:『でも、めっちゃカロリー高そうだなと思いました。私も今度友達とやってみたいなぁ~と思ったので、是非この企画コーナー化してください。』ということで、

優:いや、カロリーすごいよ!消費が。
謙:でもさっき優斗言ったけどスッキリするよね。
優:スッキリする!
謙:なんか、感情をあそこまでいっぱい出すと~、
優:なんかあの、カラオケ行ってる感じっ。
謙:あぁ~、わかる。
優:うーん、カラオケが、5時間、5時間いてぇ、あの発散されるストレスと、比例するぐらいあの短時間でね、俺ストレスね、発散されたもん⤴
謙:なんかワァーってなったよね。5時間はちょっと言い過ぎだけどぉ
優:テャッハッハッ!盛ったね!ちょっと。盛りました!
謙:普通に俺も聞いてて、5時間で良いのかな?訂正すんのかな?って思って聞いてたけどそのまま突っ切ったからねっ。
優:テャハハッいやぁ~盛りました盛りましたもう全然。やっぱけどそんぐらいね!ストレスが解消されたということです。
謙:いやぁ良いですね。面白かったよ、この企画。
優:いやぁ~面白かった。

さぁ、続きましていきましょう。山形県・うきうき浮所くんのファン。うるさいよー?(やきもちかわいい💓)・16歳の方からいただきました。
謙:いいじゃん(笑)メンバーなんだから。
優:いやー!ちょっと悔しかったからさ!
謙:ぁ悔しかった?それはある。それはわかるよー。わかるわかる。
優:悔しいんだよ!那須くんのファンです!とか言われるとちょっと悔しいんだよね😞俺いきますねー。じゃあ
『今日から7月で、どんどん夏に近づいてきますね。なのでユウピーと謙ちゃんの理想の夏のデートを聞きたいです。』

なるほどおぉーうっ。
謙:おぉーぃ、夏デートね!
優:楽しいですね~、夏デート!7月ですから。
謙:やっぱ花火じゃん?
優:花火。
謙:花火、したくなーい?
優:花火。7月。
謙:どう?
優:花火…いや俺さ、花火、花火…俺ねぇ、俺なんだろぉなぁ~💦
謙:なになに。違うの?じゃあどういうのが良いの?逆に。
優:俺ねぇ、なんだろぉ…うーんとね、、どうしよっかなぁ。プール!
謙:おぉ~~、プールね。一緒に。
優:プール行ってみたい、さっきもあったけどさ、
謙:どういうプール?今ほら、レジャープール、みたいなのもあるしさぁ、ちょっと大人なプールみたいな、プールサイドとかでこぉなんか
優:あぁ、ふつーに、
謙:ワァーって騒ぐほう?
優:騒ぐほう!ワァー!ってもう。
謙:あぁ良いね。それは二人で行きたいの?
優:や!あのねぇ、大勢で行きたい。3:3ぐらいで行きたいかな。3:3ぐらいでぇ、
謙:あぁ~、良いね良いね~。とにかくはしゃぐ。
優:そうそう。はしゃいではしゃいで、気付いたら好きになってるみたいの1回経験してみたい、俺はそれを。
謙:あぁーーー。なるほどね!じゃあグループデートっぽいのが良いんだ。
優:そうそうドラマチックなこと、
謙:わかる。俺も、夏グループデートが良い。
優:良いっしょ。あ、花火は、じゃあ逆に花火も二人ですか?
謙:いや、だから花火はちょっと離させて…
優:離させてw大人だっ!もぉおいでっ☆
謙:だから皆で、花火大会見に行くの。
優:なるほど。みんなで見に行く。
謙:で、はぐれるの。
優:うーん、あぁ~!良いねっ😳
謙:で、二人になって、で、「皆と合流したくない?」みたいになんだけど、「ぇ別によくね?」みたいな。
優:ハハッ!急にね!
謙:「ちょっとあっちで見ようよ」バッとこう。
優:急~に男になるんでしょ。なるほど、キメちゃうっていう。
謙:はぁ~💨
優:良いですねーー。やけど、やっぱ、だからぁ!その、だから。そのね、皆といる時間が、その二人になれない時間だけど、逆にその二人になれたときの時間がきっとおっきいんじゃないですかぁ!?なんか歌詞できそう。)
謙:そう。みたいなことを、してみたいと思います!
優:そうそう!良いんですよ!これがぁ~!!
謙:どうですか?どうですかこのプレゼン!
優:どうですか!?これがぁ~!!これがね、もうほんっとに~、
謙:夏って良い季節だと思わない?切なくてさぁ~。
優:夏ってホントにね、熱く過ごしましょーよ皆さん!楽しみましょ~、一度きりの夏ぅ。

謙:『謙ちゃん優斗くんこんばんはー。』
二人:こんばんは。
謙:『先週の共学校あるあるを聴いて』あれ、先週やった企画ですね。
優:あぁ~、やったね!
謙:『私も自分の高校時代を思い出していました。そこでひとつ思い出したのは、私の高校は教室の真ん中にカーテンがあり、体育の時は教室を区切って、前で男子が後ろで女子が着替えていたことです。しかも後ろのドアが鍵がかけられているので、女子は普通に男子が着替えているところを通って後ろに行っていました。ちなみに中学もこうでした。なので、これが当たり前だと思っていたので、』
優:何県?😨
謙:『男女別々の部屋で着替えることがむしろ意外でした。』ということで

優:やっぱりけろ、地区、地区によって違うのかもねぇ
謙:寛容な地区があるってこと?
優:そうそうだからあの~、あれじゃん。なんかシャイな人が集まるところもあれば。意外と
謙:これシャイとかいう問題じゃない、ないと思うけど。
優:テャハハッ!けろやっぱりなんだろうね~。
謙:これ絶対さぁ、男子はさぁ、「お前カーテンあけろよっ」
優:「あけろよっ!」
謙:「いやいや、やだよちょっとちょっと💦」
優:「ウゥーエェーーーイ⤴⤴」
謙:「じゃあ負けたらじゃあお前あけろよ?」
優:「わかったわかった、わかった」
二人:「じゃんけんぽい✊あいこでしょっ」
優:「うぅー、よーっしゃあ⤴⤴」ヒャハハッ!
謙:「俺か俺か~💦」みたいなくだりがあってぇ、結局開けられないっていうのたぶんあったと思う。
優:ヒャハッ!結局ね。で開けたら開けたでぶん殴られるってオチがあるかもしれませんけどね。
謙:絶対やばいよ。
優:いや~、けどね、やっぱりね、未知の世界ですから。
謙:いやいや、未知じゃないじゃん、共学校。共学なんだから。
優:いやいやけどやっぱりさ、
謙:俺の台詞だよ。
優:いやいや!けどそこは未知の世界ですよ、さぁいきますね。続きまして。

謙:さぁさぁさぁ。あれっ、ビビった!結局…系のやつが、ちょっと1通きてるみたいなんで読みますね。
『昨日の夜、3時頃にピチャ…ピチャ…ピチャ…と聞こえてきて、誰か知らない人がいる!と思って、心臓が飛び出しそうになったら、

アアアアーッ💀💀💀

お姉ちゃんが日焼け止めを塗っていました。その後お姉ちゃん15歳を軽く説教しました。』

優:キャハハッ👏👏なに、え?夜中?夜中の3時に日焼け止め。
謙:夜中の3時にさぁ、日焼け止め塗るってどういう状況?
優:どういうことだよ~これぇ。化粧水とかならわかりますよ、まだ。まだ。
謙:わかるよね~。日焼け止め…っていうか、や俺はまず1個でもビックリしたことがあって、12歳のリュウアくんさ、俺12歳の時夜3時まで起きてたことねぇーぜ。たぶん。
優:テャハハハッ、確かに!👀
謙:ちょぉーー大人じゃん?
優:夜中の3時ってもう、それこそ、
謙:夜中の3時ってさぁ、12歳の夜中の3時ってさぁ、
優:恐ろしいもん!
謙:もう俺、外に妖怪がいると思ってたからね。フフフ
優:チャハハッ、もぉこれから外に出たらヤバいと。
謙:もうヤバい、妖怪に捕まっちゃうと思ってたから。
優:やぁ~、そうか。けど夜中の3時にビチャビチャたらしながら日焼け止め塗るっていうのもヤバくないすか?なんか。
謙:すごいね~。てか、さっきの、話もそうだけどリュウアくんもそうだけど意外と男の子が聴いてくれてんの嬉しくない?
優:そう、嬉しいですね!こんなに
謙:どうなんだろう。リュウアくんの学校は男女別々で着替える派ですか?ハハハハ
優:電話じゃないからw電話じゃないから返ってこないですよ残念ながらこれラジオなんで。一方的なんで。
謙:ごめんw俺が今やりたかったwやりたかった。
優:うーん!そうそう、まぁね。いつかね、またメールで、教えてくれると良いですけど。
謙:そうですね、ふつおたのコーナー俺結構好きだから。
優:ティヤハハハッ!会話してる感じがありますからね。
謙:あるからね?というわけで、皆からのメールを紹介しました!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:らじらーサタデー21時台は、そろそろお別れの時間です。

~22時台紹介~

優:さぁ来週の僕たちの時間は、期末試験のシーズン到来!みんなのテストに関するブリンブリンなエピソードを送ってもらう「教えて!ブリンブリンテスト」そして、みんなの周りの天然な人を教えてもらう、「天然警察21時」もやります!なるほど。ブリンブリン協会、進出してきました!とうとう。
謙:進出してきてるのはすごい良いんだけどさ、これリスナーのみんなさ、どういうエピソードを送って良いかわかってる?
優:チャハハッ👏どぉしよぉか😞🌀
謙:これ絶対わかってないしたぶん企画してる人もわかってないよ。
優:や、だからぁ面白いんですよ。
謙:俺ねちょっと思ったんだけど、ちょっとらじらー最近ブリンブリンっていう言葉に逃げてない?
優:ジャハハハ!
謙:なんかブリンブリンって、なんか何にでもいけるから~、まぁこっちの方面でいくんだったらじゃこっちにしましょうみたいな、後からさ修正きくじゃん。ブリンブリンにさ、頼ってるよね絶対。
優:いやいやけどやっぱりその、皆さんに対する、その、あのブリンブリン、
謙:や、良いの?
優:ん?
謙:そんな雑に扱われて。俺は悲しいよ?ブリンブリンが雑に扱われたら。
優:あのブリンブリン協会あの雑草魂をだい、もとにしてますんでぇ。頑張ります。
謙:あ、そこは引き離すんだ。
優:えぇ、引き離してがんばります!ヒャッハッ!
謙:あ、そうなんだ…。俺だけが悪者になって終わった。
優:ブリンブリン協会はちょっとね、ガッシリと!
謙:え?
優:なんでもやってきたいと思ってますんで。
謙:今ゆってることわかってないでしょ?
優:わかってない。ィャッハッハッハ!
謙:もぉ~、ほんとそれだよ😩

優:続きまして、いきますね。神奈川県・黄緑色の紫キャベツさん、ワケがわかりません!
『来週のらじらーを聴いて、』ゃ、すいません💦先週のらじらーを聴いて驚いたことがあります。それは優斗くんが一度もブリンブリンを言わなかったことです。最近らじらー21時台がブリンブリンに染まっているなか、ブリンブリンという言葉が使われなくて少し寂しかったです。ブリンブリンをはじめ、優斗くんは毎週何かしらの名言を生み出しているので今週はどんな名言が生まれるのか期待しています。』

なるほどうっ。👏どーします?
謙:え?
優:えっ?
謙:ブリンブリン?
優:ブリンブリン。
謙:俺発信なの?
優:ティヤハハハ!
謙:だってあんなに今、だって俺だって今結構悲しかったもん。
優:ごめんごめんごめんごめん
謙:ブリンブリンに、俺ブリンブリンの味方したつもりだったんだけど、
優:ティヤハハハ!
謙:協会の会長から捨てられたからぁ~
優:ィヤハハハッ!👏いやごめんごめん!
謙:俺言いそうになったもん。「ここは僕の会社だっ!この椅子も、この机も全部僕が買った!!」小栗旬さん風)
優:ャハハッ!!👏リッチマンプアウーマン?
謙:そう、言いたくなっちゃったwそれぐらいの感じだった。
優:う~ん。さぁ、けろね~、
謙:じゃあブリンブリンに名言してよ。
優:ブリンブリン?やぁけどブリンブリンはふと出るのがブリンブリンの名言なんで、ブリンブリン協会やっぱりその、ふとね、出るのをちょっと楽しみにしてほしいです。
謙:ラスト1分くらいで出るかどうかはまぁわかんないけどね。
優:まぁね?まぁ来週になるかもしんないし。

謙:続きまして、茨城県・金髪姉さん・23歳の方からいただきました。お揃いですね~
『優斗さん安井さんこんばんはー。』
二人:こんばんは。
謙:キザすぎてsorry安井さん、勝利おめでとうございます。ありがとうございます。眠くなりながらイヤホンで聴いていたのですが、優斗くんのスイカのマネで目が覚めました。眠気覚ましありがとうございます。』ということで。

優:や~、もうこれブリンブリン座ですよ。
謙:ぃや、でも俺も(笑)思ってたんだけどさ、スイカの前にさ、リアクション、BGMの方で起きなかったのかね。あれもだいぶ怖い話だったけどね、
優:ツァハハッ!
謙:あっちは起きなかった
優:うーん!あれはねぇもうだいぶあれでしたけどまぁけどやっぱり。
謙:どうだった?スイカのやつ。俺結構わりと良い、
優:や、スイカね~。なかなかね!あの、優しいチョイス。あの俺が結構、いっつもムリクリなんかさぁ、なんか結構なんか自分でもやっぱりさ、自分の心に正直になると、ちょっと結構なんかムチャブリ、みたいなことしてたなぁって
謙:気づいてた?
優:うん、気づいてた。自分の、心のどこかで気づいてた。
謙:床は俺もちょっとビックリしたわ。
優:そうそう、それでね。今日ふと、自分がその立場に立ったときに、「あぁ💦やり返されるんだろうな~」と思ったら、「あっ😵✨スイカね。やりやすい、ありがとう謙ちゃん!」みたいな感じになったから。
謙:…言うなって😳💦
優:テャハハハッ
謙:お前、放送終わってから言えって💦今言うなって、やめろて😳💦ハハッ
優:けどやっぱりねぇ、スイカ。良かったね~、けろね、やっぱ今回、次回からもう結構やっぱりね、ちょっと考えようと思ったよ。次回から罰ゲームをちょっと、
謙:そうだね。スイカ割りやりたいね。
優:スイカ割りやりたいですねー!
謙:優斗がスイカ割りやったらおもしろそうだなー。
優:テャッハッハッハッ!
謙:すげぇー遠くに行かすから。
優:このスタジオッ!
謙:「もっと前!もっと前!」って、やりたいね😏
優:👏👏良いですねぇー、さぁ。
謙:皆さんこの夏をね、是非満喫してください。というわけで、らじらーサタデー21時台、ジャニーズJr.の安井謙太郎と!
優:髙橋優斗でしたぁー
二人:22時台も聴いてね~。
謙:バイバーイ。
優:ブリンブリンブリンブリンブリンブリンブリンッ。
謙:ブリンッ♪