⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

ゆるゆる優斗くんの記録

5/13 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし②

~「ごめんね、ありがとう、お母さん」続き~

 

謙:『部活が終わったあと、そのまま遊びに行って夜遅く帰ってきてごめんね。ただいまも言わず晩御飯も食べず、お風呂に入ってそのまま寝て、朝になって行ってきますも言わず家を出る生活を繰り返してるのに何も言わず毎朝玄関のホワイトボードに毎日コメントを変えて書いてくれてありがとう。ほんとに元気もらってます。』

 


へぇー。
優:泣けるわ。
謙:へぇー。玄関、だから家族の共有のやつがあるのかな?
優:うん。たぶん、ゃ泣けるわ。ホワイトボードってのが泣けるわ。
謙:泣けるねー。…そこ?そこなの?ホワイトボードで泣けた?
優:ィヤハハ!いやいやいや、ホワイトボードで泣けた。
謙:想像したらね!
優:いやけどホワイトボードに書いてあるんでしょお?メッセージが毎日書いてあるっていうのは。それ嬉しいねぇ。せめてなんか、た、ただいまだけでも。
謙:そうだねぇ。ただいま~とか行ってきます言って欲しいよねぇ…
なんかこれわかんない。これさぁ、家でご飯作ってくれてて、食べてきちゃった💦みたいな。食べてきちゃった系のやつさ、なんかちょっとごめんねってなんない?
優:あ~なるかもしんない、なんか。なんかね!悲しくなる、なんか。なんか!なんか!家帰るとなんか悲しくなる!
謙:なんか?(笑)
優:なんか悲しくなる!
謙:でも俺、1個気になったこと言って良い?四十肩っていう名前なのに15歳だしぃ、
優:ゥアッジャッハ!!👏👏
謙:15歳なのに、あの、晩御飯も食べないで夜遅く帰ってくるってちょっと四十肩、ちょっと改めた方が良いと思う!改めた方がいいかもわかんない。
優:お前塾かぁ?ほんとに塾なんだよなぁ!?!?💢イャッハ
謙:ちょっと改めた方が良いところあるかもわからない。
優:ただいまは言おう、今15歳だろ?俺17歳だけど今言ってるぞ俺ただいまって!
謙:えらいえらいえらいえらい!そうだぞぉ。

優:『学校でママが手を繋いできて、恥ずかしくて「やめてよ!」と言ってごめんね。でも、実は嬉しいよ。ありがとう。』

ぅ~ん、なるほど。学校で手繋いできてくれて…手を繋いでね?
謙:うーん、15歳かぁ。15歳ってどうだったかな。恥ずかしかったかなぁ?
優:さすがに恥ずかしいなぁ。
謙:いや覚えてねーな。中学?か。
優:中学3…中3?中3ー高1line。
謙:あーそれは…それはちょっと恥ずかし、でも女の子だったらいいのか。
優:まぁーね!けろまぁ、けろ嬉しかったんだから良いんじゃない?そぉそぉそぉそぉ、
謙:人前でってなるとっていうことだよねー。
優:そりゃあね、嬉しいけどさぁ、人前で言われたらちょっとやめてよってなっちゃうからね。ちょっと年頃的にも。
謙:直接は言えないけどこうやってね、
優:実は嬉しかったんだ。
謙:ラジオを通して、伝えられたらいいね。
優:うん!

謙:続きまして、愛知県・19歳・今日誕生日ですさんから、
二人:おめでとうございまぁーす!
謙:ごめんね、ありがとう。お母さん。
『お母さん、私を産んでくれてありがとう。今日、私は19歳になります。毎年誕生日にお母さんは「おめでとう」って一番に言ってくれるけど、今年は私からお母さんに言いたいです。ここまで育ててくれてありがとう。19歳になったのに、まだ頼ってばかりでごめんね。大人になったら親孝行します。これからもよろしくお願いします。』

優:うわぁー。
謙:これは良いねぇ…やっぱりあの、よく、、ちっちゃい頃ってまぁなんか、よくアレだけどさぁ、誕生日ってこう、自分ってよく言うけどさ、親に感謝する日でもあるみたいな。
優:って言うよね!
謙:言うよね。自分を産んでくれて…
優:やっぱ年重ねると最近そう思ってきた俺!なんかやっとわかってきた気がする!なんか。
謙:…年重ねるとっていうタイミングが早い!
優:いやいやいやいや…俺まだ、ゲドサァ!!
謙:ゲドサァ!w
優:ゲドサァ(笑)
謙:ゲドサァなによwゲドサァ。なになに。
優:おーれだってもぉ💨誕生日って言ってたじゃん。マジ俺今年18よ!?
謙:あー、大人だねぇ。
優:ビックリ👀!!
謙:1個なんかこぉ、1個大人になるかんじだよね、18って。
優:そぉ!車の免許も取れちゃうしさーみたいな。結婚できちゃうし、みたいな。歳的にはさぁ!
謙:うん、歳的にはね。
優:そう考えるとなんか、怖くってぇ、仕方ないよね。
謙:あ~でも18年間、さぁ。18年間面倒見てくれるってすごくない?だから想像できないのよ、俺。その、自分がさ、例えばだよ?自分の子供を育てて十何年、二十、てかもぉ、ずっとまぁ子供は子供なわけじゃん。
優:うん、そうだね。
謙:ずっと面倒みるってさ、俺マジですごいと思う。人間として、そのなんかレベルアップしないとできない仕事だと思う、
優:ンハハハハ!
謙:俺マジで親ってすごいと思う!ほんと。
優:すごいよね、そう考えるとやっぱ。そうかぁ~。
謙:ほんと敵わないよね。
優:ありがとうございます、いつも。
謙:ほんとに。
優:チャッハッハ!
謙:やーでも、こーゆう素敵なメッセージだとお母さんも嬉しいと思う。
優:良いねぇ。心が綺麗になった気がするよっ、ほんとに。
謙:良いですね。なんかこぉ…ね、僕らもありがとう言わなきゃダメだね。
優:ダメだね。…お母さんありがとう。

…ゥ"ァハハッ!いやいや!恥ずかしいワケよ!その、みんなさぁ!僕たちが代わりに読んでんじゃん?俺にはさ
二人:代わりに読んでくれる人がいないんだよぉ~!!
優:そうそうそう、
謙:わかるー😂
優:それがね、恥ずかしいのよ!こっちには。みんな結構素直に伝えてるけど!
謙:そうね、ありがとうくらいしかいえないよねw
優:そうそうそうそう!ありがとう!ウヒャハッ
謙:以上、「ごめんね、ありがとう、お母さん」でしたっ!

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:これって、
優:ガチでぇーーす!!

謙:アハハ、違うパターンきたねw
優:テャハハッ!
謙:さぁどんな時も、どんなことにも常にガチな優斗。今もそうだったねwこんな優斗に負けないぐらいなりふり構わずガチな人、ガチな状況をまだまだ紹介しま~す。
優:は~い、いきましょお⤴ガチ、ガチ、ガチで…

謙:さぁ、まずは福岡県・30代のワンダさんからいただきましたっ。
優:はい⤴ぁ聞いたことあんな。
謙:『絶対に遅刻できない状況のとき、眠って遅刻するくらいならずっと起きてる派です。なので、今、ガチに徹夜中です。土曜日の朝の飛行機に乗り遅れないために、ラジオが始まる頃にはもう観終わってしまっているのでしょうけど、安井くん今日の公演楽しみにしています。これってガチです!』

優:おぉっ…
謙:なるほど。これだから、あれですね。
優:状況を整理しますと。
謙:状況を整理しますと、これ昨日、土曜ってことは昨日の夜いただいたお便りということで。
優:なるほど。それで?あれか、今日の朝!だからもぉ今は観終わってる状況ってことだね。
謙:観終わってる状況です。
優:果たしてもう、
謙:来てくれる…(飛行機に)乗ってきてくれたってことか!大丈夫?!観れた?ワンダさん観れた?
優:チャハハハッ👏👏👏
謙:これてる?来れた!?大丈夫?来れたかな
優:来れたでしょう、きっと来れたでしょう。きっと
謙:よかったよかった…
優:今は寝てるかもしれませんっw
謙:逆にね!
優:ガチで爆睡してるかもしれませんっ!そういうことですねっ。
謙:でも俺これ眠って…ずっと起きてる派の人に言いたいんだけどさ、ほんっっと限界の時ってさ、もぉ自分の意思とは関係なく逝ってるとき、あるよね。
優:そぉ、わかるわかる。
謙:「え!?」って「俺今寝てた?」
優:「寝てたのぉ!?」みたいな。あるあるある。
謙:「なになになに今?こわいこわいこわい!」って時ある☺あるよね。
優:テャハハハッ👏👏👏あるあるある!
謙:それ、なんないようにね、ほんとう
優:そうか、ライブ中とかになったら辛いからね、こっちが!気づいたらこっちがショックだからちょっと!適度な睡眠はとっていただきたい、是非。
謙:取っていただきたい。健康的に…。

優:『私の学校は明後日の月曜日体育祭があります。もし学年一位になったら、副担、(副担任の先生ですね。)副担がクラス全員(40人)に、高級アイスクリームを買ってくれるので、みんな練習に必死です!これってガチです!』

なるほどぉ~かっこわら!
謙:ガチだね。あのぉ~、モノが賭かると
優:ァヒャハッ!
謙:人、いるよね。
優:そぉ、わかるっ。わかるっ。
謙:あの~、うちのね(笑)Love-tuneのメンバーの、諸星ってヤツがいるんだけどぉ、
優:いますね。
謙:なんか最近なんか、卓球とかをちょっとやるの。みんなで。
優:やるんだ!Love-tuneで?へぇーー。
謙:そう、卓球流行ってんだけどちょっと、モロがね、普通に弱いのよ、全然。
優:ぁ弱いんだ?
謙:けどなんか賭けるじゃん。
優:賭けるね確かに!楽しいからね~。
謙:そう、なんか例えばなんでも良いのよ。例えばしっぺとかね。なんっでもいいけど賭かった瞬間の強さ。
優:ァハハッ!!👏👏👏
謙:もうおかしいだろ!みたいなwお前手ぇ抜いてたべ?みたいな、ぐらい強くなんの!急に!
優:やっぱ人って変わるんすかね?そぉゆうので。
謙:変わる!何かが変わるんだろうね。ってゆー人いるよね。
優:いる気がする!けど確かに今この状況だとぉ、確かに先生って普段さぁ、なんか買ってくれるイメージないじゃん。
謙:ないないない!
優:けどやっぱこぉゆう体育祭って企画に関して、やってくれるから、それは皆やる気になるよね。
謙:これ逆に言えば、俺が思うにやっぱ先生もガチだよね。
二人:爆笑
謙:ここまでやるってことは、負けたくないのたぶん!
優:負けたくない!いやぁ~良いですねぇ。
謙:良いね。クラス全員一丸となってるね、ガチだね。
優:ガチですねぇ。やっぱね、人間ってなんか、ご褒美があると頑張れる生き物、
謙:頑張れる。やっぱ現金なもんですからね、人間も。

『こんばんは~。優斗くんと同じ高校三年生の女子です。』
優:おっ、同い年だね♪
謙:ですね。『私は日焼け対策にガチです!これは小学校の頃からずっと続けています。日焼け止めや日傘は夏に欠かせません。夏でも長袖の羽織ものを着たり、学校にいくときも日傘をさしています。白い肌でいたくて絶対に焼きたくないから、これは誰にも負けないガチだと思います。』

優:なるほどぉ~。日焼け止めねぇ
謙:これは優斗もね?
優:日焼け止め塗ってますよ、俺だってもう。
謙:優斗も結構、日焼け対策にはね、
優:なんかお母さんがさ~、「春の紫外線が一番すごいのよ」って言うからさ、だからもぉなんか、全然きてないべ!って思うんだけど一応塗ってる。
謙:塗ってんだ。確かに優斗はほんと色白いもんね~。
優:なんだろうなぁ~。しかも、血行悪いからさ、
謙:血行悪い…
優:そぉそぉそぉそぉ(笑)
謙:なんか体操とかした方が良いんじゃない?
優:そぉそぉそぉそぉ、たぶん。血流流しとけば健康的になるんだよ、きっと俺は!
謙:本当に白い。でもね、やっぱ女子は…
優:最近俺日焼けも良いような気がしてきたんだよね。
謙:いや!色白だろぉ~!それはやっぱり
優:いや日焼けって良いと思うよ俺。最近。
謙:本当?いろんな人がいるから、一概には言えないんだよ、なつきさん。だから、自分の好みもあるかもしんないけどね。
優:けろやっぱアレでしょ?白いのが良いんだよね~、きっと。
謙:いやでもだってこれアレだもん。"Youはどっち派"やったら完全に別れてた。「白~」「白~」ってね。
優:ィヤハハハ!👏そうそうそう、だから今同じチームっしょ?イコール。あーー。
謙:おんなじね、やっぱその…
優:日傘はね、出来ないから男の子は。そうそう、
謙:そうだねぇ。でも昔さ、俺さ~、あの、何だっけ。稲垣さんさしてたよね、日傘。
優:マジでぇ!?
謙:なんかコンサートのメイキングでね、なんか国立かなんかのメイキング映像で俺見たんだけど。
優:え、すごいね!それ。
謙:リハーサル中ね、日傘さしてやって!プロだよ、やっぱ。
優:あ~てかさ、1個気になったんだけどさ、謙ちゃんってさ、日焼け止めすんの?
謙:いや~しない。
優:しない!
謙:夏はでもするかな、俺超焼けやすいから。さすがにする。
優:さすがにするか。痛くなっちゃうんだよね、どっちかと言ったら。焼け、黒くなるっていうより。
謙:あ、そっか。赤くなるタイプか。俺もう吸収するから。
優:そう、痛くなっちゃうからさ、その、あれなんだよね。黒くなる前に剥けちゃう。
謙:そっかそっか。
優:そぉだから、お湯が痛い。
謙:ァハハ、お風呂なw
優:お風呂が、お風呂が痛い。

『私は新学期の気分転換で、髪を切ってショートボブにしたのですが、好きな人がロングヘアが好きということを知って、今必死に髪が早く伸びるように願っています。これって、ガチです!』

ちなみに、僕もでぇーーす!!
謙:どゆことどゆこと?伸びるように?
優:あーろー、これまったく一緒なんです。まったくってかその、別に好きな人とかそーゆうワケじゃないんですけど、普通に!ふつーーにですよ。
謙:切りすぎちゃったってこと?
優:あの~、美容師さんと話しててぇ、3ヶ月美容院行ってなかったらしいんですよ、僕!
謙:行ってなかったらしいんですよってwヘェッヘェッwらしいんですよw
優:そぉそぉそぉそぉ、でそれでぇ!そぉ。もう夏だからスッキリ切っちゃう?って話になったんすよねぇ!👏
謙:あ~美容師さんとね?そんで?切ったんだ。
優:そぉそぉそぉそぉ、切ったんすよ!
謙:切ったよね?なんか切ってる感じするもん。帽子被ってるからわかんないけど。
優:切ったんすよ!そしたら短すぎてぇ!!しかも前髪もめっちゃすくんすよ!ホラ!見て!俺の前髪!
謙:あーー。まぁちょっとでも今帽子被ってぺっちゃんこだからわっかんねえ。
優:そっかそっかそっかそっか。。
謙:自分的には~、ちょっとやっちゃったなって感じなんだ。
優:そうそう、皆さんどうだったかねぇ、ちょっと、昨日たぶん俺ちょっと生放送出てんでそれのね、感想をちょっと聞かしていただきたい、是非。俺の髪型…
謙:逆にね?どうだったかってこと?
優:そうそうそうそう!
謙:でも、なんかさ~、その、意外とさ切ったときってさ「うわぁ~切りすぎた」って絶対思うじゃん皆。
優:思う思う思う!
謙:意外とさ、みんなに見せたらさ「良いじゃん」って言われない?
優:いや俺今日さ…言われなかったの。
謙:ハハハハハ!実践済み?
優:そぉヘアメイクさんに!
謙:やっちゃったね~?って
優:「あ~これはアレだね…もぉ、上げちゃおうか?」みたいなw
謙:逆にね?逆に上げちゃおうかと。
優:そうそうそうそう、だからまぁ、ちょっとねぇ、切る前はまたちょっと、雰囲気…切る前とはまた雰囲気違ってまぁ、ちょっと違って頑張ろうかな~って感じっす。
謙:良いんじゃない?いろんなの見れたほうが
優:挑戦してこうかな!いろんなの。と思って~。いろんな髙橋優斗をお楽しみください!ありがとうございますっ。
謙:やっぱり、結果優斗が一番ガチじゃん。
優:テュハハハハッ!
謙:(笑)なんかやっぱ良いよね、ガチで。
優:いやぁー。そっかぁ。そうだね、じゃあロングヘアー、伸びるように願ってます。僕もですっ、ありがとうございますっ。
謙:やっぱ優斗おもしれーんだよな。
優:チャハハッ!
謙:というわけで皆さんいろいろガチな状況を送ってくれてありがとうございました。以上「これって、ガチです!」でした。

では、ここで1曲。
『謙ちゃん優斗くんこんばんは~。今大ブレイクしているアーティストです。元カノに向ける歌詞がキュンとさせてくると同時に、音の作り方が独特な、思わず癖になってしまうバンドです。』
My Hair is Badで「元彼氏として」

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

優:さぁ~皆さんから届いたメールを読んでいきますっ!
謙:てか今Twitterにもあったんだけどさぁ、優斗がさ、髪の毛の話したじゃん。今のアーティストさんさ、My Hair is Badってタイムリーすぎない?w
優:ティヤッハッハッハ!👏👏👏👏ハハハハッ!
謙:スゴくない?これ。こんな奇跡ある?
優:タイミングばっちり!
謙:こんなことある?っていう…すごいな。
優:タャハハッ
謙:やっぱり~、現実はね、時として小説より奇なりですよ。
優:ティヤハハッ!ファンタジーですっ。
謙:おもしろいですね~。
優:さぁ行きましょうか。

『なんか声がするな~と思って隣の部屋に行ってみたら、お父さんが晩酌しながら安井くんと高橋くんのらじらー聴いていました。びっくりカッコワラ!』

謙:マジすか?
優:お父さんの~!
謙:お父さぁ~ん
優:お父さんのアタリメ的存在になれるように頑張ります。
謙:(笑)良い!
優:テャッハ!👏ハッハッハッ!
謙:イェー!なれてたら嬉しいね~。
優:なれてたら嬉しい。ありがとう、旨い酒飲んでくださいっ、ありがとうございます。ャハハッ!
謙:旨い酒飲んでください、お父さん。ヨッ!今日もお仕事、おつかれさまー!
優:ャハハッ!!

謙:『「これってガチです!」のコーナーで、お菓子の箱でスマホを作って先生を騙していたというメールがありましたが、私のクラスメイトの男子はジャージのズボンの紐を、上のジャージの中に通して耳につけ、「これってイヤホンしてるように見えね?」って言ってたけど先生にはバレバレでした。』

はい、くだらなぁ~い!
優:だるくねぇ~!?これわ~。
謙:くだらないメールを俺すげぇなんか、もたついて読んじゃった。
優:ァハハハ!途中からわかったよね、くだらねー。
謙:でもこういう人、いた。
優:いた?いた!?
謙:いたいたいたいた。
優:マジか。
謙:ズボンのってかなんか、あの、なんか…イヤホンにしてるように見えね、、
優:ぁ~、っぽくね~?
謙:すっげーこれ今俺超脳内再生されたもん。
優:ガチでイヤホンやってる奴は大体袖ん中に入れてるから。
謙:あ~~。こっからね~?
優:そうそうそう、袖ん中に、
謙:手品師みてぇな事すんな!もぉ。
優:テャハハ!けどみんなそうやってやってんだよね~、きっとぉ。
謙:よく考えるね、悪知恵ってなんでこんなに出てくんだろうね。
優:出るんだろうねぇ。

先週らじらーのホームシック抜け出し方のアドバイスを貰った者です。』
謙:おー、はいはいはいはい。
優:『一緒に上京した高校友達の家でらじらーを聴いていました。安井くんの「鍋パじゃん!」を聞いて、友達とすぐ計画をし、今その友達ともう一人で鍋パしています。安井くんのアドバイスのお陰で楽しく過ごしています。ありがとうございました。』

昨日の夜もらったメールですね、これわ。
謙:そうだねぇ。あの~、あ、そういうことか。あの前回ね、大学、たぶん進学を機に上京してっていう…。
優:そうだね。言ってたね。
謙:そうそう、で車であの~、連休の時に帰っててさ、送ってもらったときに泣いちゃった~みたいなやつだよね。いや、俺のあんな、「鍋パっしょ」をあんなにちゃんと受け止めてくれて~。
優:や~けろこれでね、上手くいったら良いですけどね。
謙:上手くいったら良いし、俺は何ってあのもぉ、これからもっともっと気を付けて言葉を選ぼうと…
優:ティヤハハハ!けど謙ちゃんの鍋パがさ!もしかしたら良い方向に進んでるかも知んないじゃん。
謙:確かにね!実際現実にだから昨日の夜行われたってことでしょ、鍋パ。
優:そうそうそうそう、だからまた、来週ぐらいにまたその結果をお願いします(笑)ハハッ
謙:そうね、来週また、ちょっとどういう鍋パで何鍋でどう盛り上がったのかちょっと教えて欲しいな。
優:ちなみに謙ちゃんの好きな鍋はなんですか?
謙:なんだろ、俺…。あれかな?キムチ。
優:あーーー!
謙:あ~でも俺坦々鍋も好きなんだよな、意外と~。
優:辛い系ね!どっちかと言ったら。
謙:辛い系結構良いよね。逆に暑いときに辛いもん食べるみたいな。
優:汗めっちゃ出るからね、いや良いですね~。あれもう、あれ?もぅ…
謙:ラストゥ?ん?
優:俺あれですね、おじや好きっす。
謙:おじやってそれw
優:鍋のあと!(笑)
謙:あとね。

『昨日の音楽番組見ました。東京B少年を始め、HiHi Jetの皆さんの緊張感と気合いが伝わる良いパフォーマンスでした。特に優斗くんはローラーでジャンプするとき、以前よりとても高く綺麗に飛べていてビックリしました。美しかったです。良かったら昨日の裏話聞かせてください。』

ということで、これは確かに、気になりますね。お疲れ様~。ということで。
優:昨日の裏話か~。ありがとうございます!頑張りました。やっぱりねぇ~、なんだろうなぁ?けどやっぱりその、、やっぱりHiHi Jetとしては、やっぱりその、「僕はvampire」っていう歌の、やっぱその、台詞の前にちょっとあるんですね、vampire~♪ってとこ、あそこに、ちょっとちゃんと、しっかりチャンスを貰ったんでぇ、そこでどう、みんなで、世間に、爪痕を残すか、研究しまして、僕頑張りました!チャハハッ
謙:ポイントは?ポイントは~?
優:ポイント?ポイントはこの~、vampireの手です!この。
謙:それ俺が(クリエ)観に行ったときも言ってたよねそれ~!
優:チャハハッ!そうそうそうそう、
謙:なんか急ーに、MC前がそのメドレーでさ、終わってバーンってMC始まった瞬間にさねーねー俺のこの手めっちゃvampireっぽくなーい?」1個目それ!?って思ったもん。
優:これめっちゃvampireっぽいでしょ、でも!
謙:1個目それ!?って思ったよ、でも俺マジで。
優:ヴァハハッ!けろ、やっぱMCってさ、言いたいこと言った方が良いな~って思って。
そぉそぉそぉ、だからやっぱね、僕の、是非ね。僕全力でかっこつけました。是非見てください。あとHiHi Jetのジャンプをね、ドン・ドン・ドン・ハッ!のハッ!部分を、皆さん知ってる方はわかると思うんですけど、ローラーでジャンプするのって結構難しいんですよ。
謙:難しいね😞
優:それを結構気合いで、頑張ったんでぇ、是非、皆さんそこも注目してください。
謙:すごい。正直生放送ってさ、ビビって安牌にさ、寄せるところをチャレンジしたってことでしょ?
優:そぉ、頑張った!
謙:大事だよね~、その気持ち。さっきのアレだけどガチだったワケでしょ?
優:ガチでしたね、これわ。
謙:ガチでやったらオールオッケー♪みたいなとこあるよね。
優:あるあるある。もうね、上手くいって良かった!(笑)
謙:裏話とかは?まぁそんなもんかね。
優:誰にも負けへんで~。

謙:『優斗くんが大好きな16歳です。最近くしゃみがおじさんぽくなってしまって悩んでいます。学校でもくしゃみしたら「誰だよ~!おじさんみたいなくしゃみだな」と言われてしまいました。可愛くくしゃみをしたいのですが、何かコツはありますか?』

優:だって俺別に16歳好きじゃないよ。どゆこと?
謙:え?
優:俺が、好きな16歳ってことでしょ。アレ?
謙:優斗くんが大好きな16歳です。優斗くんが!
優:……あっ、俺のことを好きって思ってくれてるってことぉ!?
謙:…そうでしょ?💦逆に
優:あざまぁーーーーーす!!そゆことか!ビックリしたぁ。(こっちがビックリだよ)
謙:そーゆうことですよ。優斗くんが!
優:そゆことか!急にさ、いろんな年齢の中から16歳を絞ってきたからどうしたのかと思った。
謙:あ~、そゆことね。まぁここの文だけね、
優:そゆことかぁ!💦
謙:ここの文だけ聞いたら確かにぃ、優斗くんがね、優斗くんがほら、優斗くん(の)大好きな16歳ですよ✨ってゆーことだと
優:そーゆうことか!👏ごめんごめんごめん、
謙:優斗ってさ…文として聞いてない
優:チャッハッハッハ!
謙:なんかこぉ…その部位・部位で聞いてんだ
優:あーそっかぁ!や俺ビックリしちゃった今!
謙:俺の方がビックリしたよwこれ可愛く、ほらせっかく優斗くんのこと好きって言ってんだからさ、どうやったらくしゃみできるかって。
優:ありがとうございます、ほんとに~。くしゃみ?くしゃみはもうね、クシュン☆≡(>。<)ってwケタケタケタ…
謙:くしゃみしてよ。
優:くしゃみ?!w
謙:くしゃみしてよ。ちょっとくしゃみしてよ。紙縒ないの?紙縒。ほらあんじゃん!あんじゃん紙縒。ティッシュあるから紙縒作ってやってよ。俺話してるから。
優:もぉ俺ほんとにさ~…
謙:優斗のくしゃみ、出そうだったら出るって言って?
優:わかったわかった。いきますね。
謙:やでもね俺思うんだけど~、意外とね、なんか、おじさんぽいくしゃみする人って可愛い人多い気がする。
優:アァ、アァ💦うーん、おーあれ(そうだね)
謙:今優斗がね、紙縒でね、優斗がどんなくしゃみかってことだよね?出そう?
優:ウヘッ?まったく。
謙:…オッケー、やめよう!
優:ハハハッ
謙:俺も前やったことあるけどね、緊張すると出来ない
優:リラックスしてるときにやりたい!これは。
謙:どうします?可愛くくしゃみ、どうします?最後アドバイスしてあげて…
優:なんかね~、あの、鼻に手を当てる!鼻をつまむ!鼻をつまむと、意外となんかね、可愛い感じになる。クシュン☆≡(>。<)ってなるから、是非やってみてください。はーい。これ意外とやってる人多いですよ~。ありがとう、ありがとう。
謙:解決したね?では皆さん、メールを送ってくれてありがとう~。
優:ありがとうございます!
。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。 

謙:らじらーサタデー21時台、そろそろお別れの時間です。

~22時代紹介~

謙:来週の僕たちの時間は、みんなからの質問に僕たち二人がキザに答えるキザすぎてsorry」を対決形式でやります。
優:なるほど。
謙:その他、「もぉ~、ちょっと男子~😩」「みんなで使おう、ブリンブリン」という企画もあるので、お楽しみに~。
優:チャハハッ😆まさかのブリンブリンが企画になるとは思わなかった!
謙:ブリンブリンが企画になるとは思わなかった?
優:絶対もう、皆さんからのブリンブリンな投稿待ってますんで、ィヤハハッ
謙:待ってますんでよろしくお願いしまーす。
優:何語だよ、これ。ヤハッ♪
謙:さぁ、お便りも読んでいきますねー。

東京都・17歳・男子の方から!ゆとこんぴのPTAさんからいただきました~。
優:ありがとうございます!こんぴなー。
謙:『今日も楽しくらじらー聞かせていただきました。僕は17歳で、僕も姉もJr.担でいつも一緒にらじらーを聞いています。母の日の企画を聞きながら「わかるー!」姉弟で話していました。明日はちゃんとありがとうって言えたら良いなって思います。』

優:いやー、ありがとうございますぅー。
謙:ちゃんと、いや~でも、男の子で好きになってくれるの嬉しい!
優:嬉しいですねぇ。しかも、
謙:男の子も魅了できるようなアイドルになりたいですね。
優:明日は母の日ですよ。
謙:そうですね、
優:もぉお母さんにありがとうを是非ね、
謙:ちゃんとね、ちゃんと伝えて、兄弟で言ってもらった方が嬉しいもんね。
優:そうだね、嬉しいね!
謙:明日は母の日だぞっ⤴
優:母の日だ。

謙:というわけで、今夜のらじらーサタデー21時台は、ジャニーズJr.の安井謙太郎
優:髙橋優斗でした!
二人:22時台も聴いてね~。
謙:ばいばーい!