⚾髙橋優斗くんの応援団⚾

優斗くんの記録(適当)

4/1 らじらーサタデー21時(安井謙太郎・髙橋優斗)文字起こし②

優:さぁ!続きまして『安井くんは、Jr.祭りでズボンのチャックが全開で、気がついたら柱に抱き付いて直していました。』
謙:え?
優:『優斗警部!これって天然ですか?』
いやこれわね。あの…何ていうのかな?あの、天然って言うよりもぉ、あの何ていうのかな、そぉゆう習慣。ヒャハハッ
謙:いやいやいやいや…いや俺の記憶が正しければ、柱には抱き付いてた。
優:抱き付いたの?!ウヒャッハッ
謙:あの…ちょっと疲れて…疲れたっていうか柱があってデェーンってやってたけどぉ、ズボンのチャックは俺結構本番出る前絶対確認するタイプだから絶対開いてない。
優:ヒャッハッハwそですか!
謙:俺…わかんない!この人がぁ、俺じゃない人を、
優:想像?
謙:もしかしたら誰か、Jr.の中で髪の形が似てる人を僕と間違えたのかぁ…違うねw
優:ごめんなさい💦たぶん僕かもしんないですわ。
謙:え?
優:いや、ほんとにチャック開いててぇ
謙:開いてた?
優:あの…最後のあのエンディングで結構あの、やるじゃないですか。あの…締めの…なんですか?歌
謙:あぁ。ありがとう、煽りね
優:やるじゃないですか。そん時に、あの結構キメてたんですけどぉ
謙:チャック開いてた?
優:チャック開いててぇ
謙:で柱は?柱には抱き付いた?
優:付いてない。けどあのぉ、ピアノの人にこうやって全開で見した♪
謙:wピアノの人って作間な。
優:作間!そぉ、作ちゃん♡そぉそおそぉそぉ
謙:え!これマジ迷宮入りなんだけど。俺なのか、
優:うーん。いやだから妄想だよねこれわ!
謙:妄想ってこと?!妄想なの?でも実際俺がチャック開いてるのが見えたってことかなぁ
優:そうだね、きっと。チャック開いててぇ、そぉ見えたんでしょうね、だから。
謙:俺大体でも腰回りに布とかついてるからチャック見えないんだよね、俺の衣装。あんまり
優:チャッハッハッハ!じゃ違うわたぶん!
謙:俺じゃないんじゃない?!
優:まぁまぁありますよね、警部。デッヘッヘ!
謙:ちょっとぉ、かかとさん!かかとさんが天然なのか
優:もぉね、なにかが見えていたっていう、ヒャハハハ!
謙:何かか見えたんだ。な?

 



優:続きまして『私のおばあちゃんは自分が映った鏡にぶつかって、「すいません…👵」と謝って、そして同じように謝る鏡に対して、「いや!謝らなくていいんです!ホントにすいません!」と言っていました。安井警部、これって天然ですか?』
謙:天然なのか、俺はとっても心配。どっちなのか?!
優:ウヒャハハハ!いやどっちだろーね、もぉ。
謙:心配。心配だけど、エンターテイメントって可能性もあるよね。
優:ウヒャハハハ!もぉ、もぉ見せにいってると!
謙:そう。要するにどういう皆が反応するかみたいな
優:第三者に見せにいってると
謙:そう。
優:なるほど。
謙:ちょっとねぇ、やっぱねぇ。あの…人生長く生きてるかたは、幅が違うから。その、やることの幅も。
優:ボキャブラリーがね
謙:全然違うから。
優:違いますからもう!
謙:天然だけじゃちょっと説明できないの。
優:もぉ計り知れないと!
謙:計り知れないの
優:まだ計り知れない。そうですよね、そりゃぁ
謙:すげーなぁ。いろんな人が…いるんだよ
優:可愛らしいおばあちゃんですね。
謙:今回ね、全体的に可愛らしい…人が多いね。
優:可愛らしいが多かったね!…謙ちゃん以外。
謙:え?😒
優:謙ちゃんのやつ以外w見えちゃってた以外(笑)
謙:その、ホントその、あれなんだよな。チャック開いてた疑惑のやつ、結構ちょっと営業妨害だから
優:ツァハハハッww(手を叩く)
謙:俺結構あれよ?しっかり確認する…
優:警部!警部警部!警部、これは安井くんなんでぇ
謙:あぁ~そっか
優:そぉ。警部じゃない!警部は違います✨
謙:ごめんごめんごめん…彼はね、結構確認するって言ってたから!
優:そぉ。確認しますから😌彼は。そうです、だから
謙:大体腰回りに布ついてるから!
優:w彼!彼ね!結構ね!腰回りついてること多いからね
謙:チャック見えない!あんまり、
うわぁー、でもあれだろうね。相当たぶん、妄想だけど、追加の埼玉?本番前にしっかり確認すると思う。すべて。彼
優:ヒャッハッハ!もはや関係ない俺までしっかり見るわw
謙:もぉしっかり見る!しっかり!
優:ハッハッハッ
いや~。安井警部、強制的ですけど、報告は以上ですっ
謙:そぉだなっ。今日も、全国にはまだまだ天然のヤツがいるはずだけども、まぁ俺のとなりには!半端ねぇ天然がいるけども!
優:ツハッハッハ!
謙:まぁこれからも、君の周りの、ゆう、、とを超えるようなヤツの天然情報を送ってくれ!
優:以上、天然警察、21時でした~っ!

 

優:さぁ…みんなから届いたお便りを紹介しますっ!
謙:華の17歳になるはるけんさんからいただきました
優:華の、華の17歳、あぁ…
謙:華の17歳です。『4月からパパが転勤になり、5年離れることになります。パパっ子だしすごく寂しいけど、妹が2人いるのでそんな姿見せられません。高2にもなって夜な夜な泣いちゃう私をパパが知ったらどう思うか怖くて、パパを見ると泣いちゃいそうになるので避けてしまいます。なにかアドバイスをお願いします』ということで
優:いやぁー、けろ🐸パパさんも嬉しいだろうね、こうやって
謙:こーれ嬉しいっ。もぉ~ベーロベロだろうねもぉ。ベタ惚れ。
優:これを知ったらもうね、パパももう、ボロボロですよ。なみだ。
謙:うん。やーでもこれ俺うれしいと思うよ!言ってくれたら。ほら、スタジオのパパたちも深く頷いてますから。間違いない!言ってくれたら嬉しいスよね!ほんとに。絶対嬉しいから言って良いと思う。17歳になるけども、パパにとってはやっぱいつまでもね、
優:もぉ5年後は22歳になっちゃうから。今のうちに伝えときましょーよ
謙:5年後22歳になっても、パパにとってはね、いつまでもね、可愛い娘ですもんね?ほら。
優:あーそうなんですね。そうなんですよね。
謙:だからもぉゆっちゃお!パパにこぉ、泣いて寂しいよーって言ったらパパ多分もうね、多分無理矢理でもね、あの、わかんないけど1ヶ月に1回くらい帰ってくるかもしんない!スゲーお金使って帰ってくるかもしんない。
優:あるからね!そーゆうの
謙:わかんないけど、でも頼られるのは嬉しいことなんでぜひ。頼ってほしいな
優:嬉しいと思いますよ。
謙:17歳おめでとうね。

優:さぁー続きまして『最近、年下の彼氏ができたんですけど扱いに悩んでいます。4歳下で19歳なんですけど、私が年上だから引っ張るべきか甘えた方が良いのか日々悩んでいます。そのくらいの年の子はどう思うんでしょうか?』
謙:なるほど。
優:なるほど。23歳。
謙:これは恋愛の相談ということですね…てことは優斗さん⤴お願いしますっ
優:な↓ん↑で↑っ?!💦ダャヒャハハッ
謙:優斗さん、担当ですよ、これ担当です。担当ですよ優斗さん。どうすか?どう思います?!
優:俺ですかっ、担当ですかっ…
謙:いやー、でも優斗、はたぶんそのさ、年、年頃的にはまぁ遠くはないな。
優:まぁ17歳だから…。21歳。←急な21歳ってなんだよと思ったら自分の4こ上を確認したのか!きゅんきゅん💓
謙:もし年上の、女性と、じゃあ付き合ったりとかするって考えたときに、どういうふうにしたら嬉しいかなっていうことですよ。男子の意見を
優:けろねぇ~🐸どっちだろうね?甘えてもらう方がいいんじゃないのかな?男の本能的には!
わかる?同意する?これ。これ激しく同意する?
謙:同意。同意です、激しく同意する。あー
優:これはねぇ、結局ね、あの人という字はですね、あの、これ(ゆと八先生登場)
謙:あれ?聞いたことあるw
優:支えて生きてるんですよね!あの皆さん知っての通り
謙:聞いたことあるけど恋愛なのか…?
優:これはね、どっちが男でもどっちが女でも成立するんですけどぉ、けろやっぱり!男は、この、支えてる方になりたいワケですよ!
謙:おぉ~。深いですね。
優:そぉ。だからぁ!今は甘えても良いんじゃないですか?
謙:そうね。
優:えぇ。そんな無責任なことは言いませんけど
謙:甘え…てくれたら、甘えられるかもしんないしね
優:そうだね!
謙:ちっと、男は見栄を…はるもの…
優:うーん。やっぱこういうのは大事ですよ。男は見栄を張って生きるもんですから
謙:いゃぁ年下の女の人が甘えるの可愛いと思う、めっちゃ
優:良いよね、年上の女の人は。

はい!!!!優斗担の全年上女性の皆さん!!!聞きました?!!??!?!大きく深呼吸して反芻しましよう!せーの!良いよね、年上の女の人は。…ありがとうございまーす!!!

話の流れ的に謙ちゃんが年上の女の人が甘えるの…っていうべきところを本音が出ちゃったのか年下の女の人って間違えてしまったのをフォローすべく言ってくれた一言かもしれないけど、ひとまず本心とか本心じゃないとか置いといて、優斗くんの口から出たフレーズという事実に合掌。~完~

謙:さすが優斗さん。
優:チャッハッハッハ!!!
謙:恋愛はもうバッチリっすね
優:大丈夫ですかこんなんで!!大丈夫すかホントに!!!
謙:もぉね、恋愛…右に出るものいない!
優:ウォッホッホッホ!ヒャッハッハ!
謙:右に出る者いないよホントに。素晴しい♪

続きまして『私の悩みは、友達とのお出掛けに必ず遅刻をしてしまうことです。』
優:あ゛あああああ~~!!
謙:『5分や10分ではなく、30分や1時間待たせてしまうことがあります。』
優:う~ん。やっちゃってんねぇ。フフッ
謙:『いつも家を出る2時間前から準備をしているのに、いつのまにか5分前になっていたり予定がくずれてしまいます。どうやったら遅刻しないようになりますか?また、メンバー内やJr.で遅刻常習犯は誰ですか?』
優:これ、天然警察送った方が良いんじゃないのか?これ。ウヒャハハハw
謙:そうねぇ…いや癖っていうよね、遅刻って。
優:癖かぁ…
謙:どう、いる?HiHiは。
優:HiHi Jetは、遅刻はねぇ…遅刻はねぇ、けろ🐸俺が意外と遅いかなやっぱり。最後仕事終わって着替えてんじゃん。あれがもぉ、ずば抜けて遅い!みんなが終わった10分後くらいだもん、着替え終わるの
謙:用意が遅いんだ?
優:用意が遅い。だからずーっとダラダラしちゃう
謙:用意が遅い人って来るのも遅いよね
優:そぉなんだよね(笑)だから、ずっとエレベーター待たしたりとかも、ずっとビービービービー鳴ってんだけど
謙:優斗かぁ
優:謙ちゃんはどうすか?ラブトゥーン
謙:もう完全に一択です。…顕嵐です。
二人:アハハハハハ!
謙:もぉ、顕嵐はもぉ~ね絶対ギリギリだから。もぉ基本。ギリギリだから。
優:稲妻?wストーンズのIN THE STROMが出てくる優斗くん)
謙:そぉ。ギリギリほんとに。たまぁーーーにねぇ、早く来てるけどぉ、なんか理由があんだよね、なんかそういう日。頭痛くて起きたとか。
優:チャッハッハッハ!!!
謙:そういう理由のときだけ早くこれる。通常はね、基本的にはそぉ。
優:逆にね!逆に痛いと早く起きれる
謙:俺だって顕嵐と最長待たされたの、たぶん4時間ぐらい待たされたよ
優:ヤバイねそれわ。4時間?!逆によく待ってましたねそれ。
謙:あ、なんかね!別に普通に、何人かで集まってたからぁ、
優:あ~あ~、先にみたいな
謙:その子達と普通に遊んでたんですけど
優:なるほろなるほろ
謙:ビックリだよね。なんかね、もぉ…どうすればいいんだろぉねぇ。俺もこれ聞きたい!
優:そお。どぉすればそういうの直るんだろぉねぇ。
謙:だって2時間前に起きてんだよ?この人も。
優:2時間前ってだいぶ意識高いよね
謙:だいぶ意識高い。なにしてたの?
優:うーん。何してんの、携帯いじってんのかな?
謙:だからあれじゃん?俺も結構そういうタイプだからアレだけど、先に、2時間前に起きたからっいって、ちょっとゆったりした時間を作っちゃうからダメなんじゃん。
優:あーなるほど
謙:先に支度するみたいな
優:なるほどねぇ。2時間前ってけろ意識高いと思うなぁ。けど、どうなんだろぉねぇ。あとアラームかけたら?
謙:優斗はなんで、遅刻すんの、寝坊?
優:遅刻はしない!あのぉ…支度が遅いだけ。
謙:あ~。そっか。来るのは?ギリギリ?そーでもない?
優:来るのはねぇ、いゃ~けどギリギリかな意外と
謙:それなんで?寝ちゃうってこと?
優:ギリギリまで寝たい!
謙:あーーーー。はいはいはいはい
この人はちょっと違うね。この人、ラウールさんはだって
優:ラウールさん?!
謙:2時間前に起きてる。どうすれば俺これちょっとわかんねぇわ
優:アラームアラーム!もぉ出る時間に、そぉだから計算すんの先に。逆算!
謙:この時間には歯磨きをし始めるとか、全部細かくアラームで設定しとく?なるほど
優:アラームで区切ると、いいのよ。
謙:なるほど!それ良いかも
優:そうするとぉ、出るときに、だから俺、朝起きても、スヌーズってその10何分後とかあんじゃん。あれずっとつけっぱなしにして目安にするもん、あの出るまでの時間に。鳴ったら、次これしようとか、考えると、良いから。それ1回やってみたら良いかもしんない。
謙:なるほどね。良い!
優:これをね
謙:それ凄く良いんじゃない?これやってみよう!これやってみてください
優:やってみよう1回。これでまだダメだったら、お便りください。ヒャッハッハハ!!
謙:また、あの、考えさせていただきますんで
優:はい。考えさせていただきますっ
謙:はい、というわけでありがとうございます。今週もたくさんのメールありがとうございました。
優:ハイッ

 

謙:謙ちゃん、
優:優斗、
二人:らじらー!2年目の意気込み~

謙:さぁ。リスナーの皆からは、2年目は○○が出来るようになっているはずというメールを貰っています。
優:なぁーるほろぉ。いきましょぉ
えーー、(笑)あっぶね(たぶん、このリスナーさんが福岡県だからまた間違えそうになったのかと😂)安井くんは甘い言葉でラジオのマイクを口説けるようになると思っています』
謙:それどっかの…コーナーじゃね?これ
優:チャハハハッ、20時台のコーナーじゃないすかこれは。
謙:どっかのコーナー…マイク口説かなかったっけ1回?
優:…たぶん20時台が口説いたんじゃない?20時台の伊野尾くんと八乙女くんが。
謙:そうだっけー…
優:さぁ、じゃあ口説いてくださいっ!どーぞぉ!!

謙:ぁ、音とか無いんだ…
「いやーホントに、いつも、俺の顔の近くにいてくれて、綺麗~な、丸っこい…愛しいフォルムだよなお前は…これからも、毎日俺の吐息を感じてくれ…」
(キラキラーン✨)
優:うぉい~~~~~⤴いや、(パチパチパチ👏)もぉ、凄いね!一瞬で吸い込まれたよ!もぉ
謙:もぉね、2年目だともぉね、余裕ですよ
優:チャッヒャハハハハッ!
謙:こんなんペッペッペッてもう…
優:またいつか、戦えたら良いですよね、前回みたいに
謙:いやホントに!マジでねぇ。俺2年目になって結構。あの、いろいろ吹っ切れてるとこもあるしぃ、
優:チャハハハ!!
謙:あの~やっぱ戦いたいって部分は結構あります正直。今やってみて結構…良かったです♡ありがとございますっ!!アハハッ
優:安井先輩キャラ出てきたw急に~

謙:さぁ続きまして~。『優斗くんは作詞作曲力が上がっていて、ファンのみんなへの思いをテーマにしたオリジナルソングを歌えるようになると思います!』
優:ぃゃホントにもぉ、ムチャブリだなぁーこれ。待って待って待って待って待って待って待って待って
謙:ホントにねぇ、楽しんでるね。だってさぁ…
優:…ちょっと待ってよぉ…?
謙:ファンのみんなへの思い。これいづれね、こーいうのはね、あのぉ…作って、みたいな~っていうのはやっぱありますけどね、僕ら的には。
優:まぁね、あるけどね、これ一瞬でね!瞬時にね!うーーーー(悩)

謙:一瞬ですよ、即興ですから、もぉホントに、だからもぉみやぞんさんみたいなことですよね、ハハハハ
優:チャハハハハッ!!
謙:みやぞんさんみたいなことをやれっていうことですよ
優:もぉね、なるほろね、
謙:どうですか、整いました?軽く、走り出してみます?
優:うーーーー、まーまーまーまー。いきましょおか?もぉ…とりあえず。のせま…メロディーに乗せちゃおう
謙:まず題名!言ってちょっと歌って。題名、じゃあ。どうですか?
優:マイガール
謙:おぉ良いねwちょっと良い、名曲の香りしますがw
優:マイガール。by、ゆうぴーバージョン(ドヤ)
謙:オーケィ。それでは、「マイガールbyゆうぴーバージョン」です。どうぞ!
優:いーつも♪…ゃ、まちがった💦(笑)も1回いきますね…
(仕切り直し)
最近♪フッ(笑)横浜アリーナで♪ウチワ、俺に出してくれーぇぇてぇ、ありがとお♪
けどねえーーーーーーー⤵
謙:すっごい階段降りるな…
優:フッヒャハハハハwホントはねえ!言いたくない~けど~ねえーーーーーー⤵「三回見つめてバーンして!」は、長いでしょぉ~♪
謙:ハハハハハハw
優:ありがとう♡チャハハハハッ
謙:アハハハハハ!
優:ちゃ、そう。あのねぇ、ちゃ、あったのよこれ!あのねぇ、ありがたいの、ホントにウチワ!俺なんかに出してくれてありがとうって気持ちはあんのすごい。けどあの、そぉ、「3回見つめてバーンして」はちょっと、長くない?みたいなwハハハ!
謙:みんなに、アリーナとかだとたくさんのお客さんがいるからね
優:そぉ!たくさんの人にしたいからさ。そぉそぉだから直接言ったから俺!もぉ。
謙:長いよって?
優:うん、笑ってた!ツァッハハハ!
謙:うけんな…
優:そぉ。ちなみに嵐のマイガールをそのままパクりました
謙:そう!そこはね、俺そこだけちょっとやっぱひっかかってた。作曲もしてほしかった、おれは~(>_<)
優:ヒャハハハ!ヒーーごめんごめん、なんか入りやすいかなと思ったのプロの人のやつは俺
謙:そこはもぉ俺結構ガッカリ…
優:いや、そこはすいません。またね2年目これちょっと能力上げてこーかなぁって
謙:まぁ作詞は今いけたんでね!続いては作曲…
優:そうそうそういっちゃう…しかもね、2分ぐらい歌ってたからね。
謙:わりと長かった…ビックリした俺も
優:俺もどこに着地を作ればいいんだという、
ツァハハハハハ!チャハ!
謙:あんなに、「俺10通読みます!」とか言ってたわりに、まぁまぁ長い
優:ダァッハ!!もぉ終わりですかぁ?!
謙:終わり?
もう1回読む~?
優:ウワアッハッハ!せめてねぇ!w

謙:…これやめよっかw
優:行こう行こう行こう行こうもう!
謙:『安井くんは悪井謙太郎を卒業し、熱井謙太郎として熱血キャラに生まれ変わってると思います。』
優:いや、悪井さん!それはねぇ、先輩まだ僕卒業してほしくないです!この企画はねぇ、安井さんと、安井先輩と、僕のまぁ唯一無二の演技の、アレなんで。コーナーなんでぇ
謙:でもさぁ!!
優:なんすか。
謙:やっぱりさぁ!!らじらーを良くするためにはさぁ!!!熱井謙太郎降臨)
優:チャハハハ!熱血さん
謙:どんどん新しいことでも俺挑戦していきたいんだよねぇ!!!21時台よくするために、もぉ何でもやっていきたいんだよねぇ!!俺!!
優:やっすいさん、安井さん…悪井くんから逃げようとしてませんか?ツァハハハ!キャハハハハ!
謙:そんなことないよ?!新しいことにどんどん挑戦してさぁ!いったほうが俺絶対いいと思うんだよ!ホントにぃ!!
優:いやこれ、安井さん、逃げようとしてませんか?ワヒャヒャヒャヒャ!
謙:逃げようとしてない。逃げようとしてないけど、それ求められてるんだったらいつでもやるよってこと
優:同時進行でいきましょぉこれはもう!たぶん企画になる、これわ!ハハハッ
(歓声音)
これわなるよたぶん!
謙:これさこれさ~(?)で遊ぶのやめてよっていうw
優:こりゃ仕方ない
謙:ありますけどね、ありがとうございます
というわけで、ね(笑)以上、らじらー2年目の意気込みでした~

それではここで一曲、少年倶楽部の春休みスペシャルで謙ちゃんと優斗くんが歌っていて、歌詞もすごく好きでハマっています』とのこと。あーこれね
優:いいですね。花唄ね
謙:良い歌だったでしょ?
優:良い歌だったよ。俺心に染みたよね
謙:優斗は選んでないけどね(笑)
優:やめてよ!ホンットにそゆこというの~!!💦
謙:優斗はこの曲選んでないけどぉ~
優:嵐のsakuraは選ばれなかったけどぉ!
謙:そぉ。やっぱダンス曲だから!あれ難しいから。次までにがんばろ
優:ダンス曲だから!俺の能力が悪かったから…
謙:でも花唄も良い歌でしょ?
優:そう!花唄すごく良かった
謙:是非皆さん聴いてくだっさい

TOKIO/花唄

謙:らじらーサタデー21時台はそろそろお別れの時間です。

…22時台&来週の紹介…

謙:そして、「これって良いニオイ」もやります。これは優斗がボクのことを良いニオイがする!と言ってることからうまれた企画です。どんな企画だよ…
優:チャハハハ!いやけど俺知りたい結構!俺匂いフェチだから!!
謙:あーそうか、みんなが思う良いニオイをね?知っていきたいね確かに。…俺そんない…まぁいいやw
エイプリルフールじゃん。なんか嘘ついた?
優:エイプリルフールですか。嘘ねぇ…俺ねぇ…ちゃ、なんかねぇ昔よりなんか、そういうエイプリルフールへの意欲がなくなってきた。
謙:意欲wエイプリルフールへの意欲が
優:意欲関心が薄れてきた。そぉそぉ。
謙:なんかさぁ、エイプリルフールに嘘ついてさぁ、「え?エイプリルフールでしょ?」って言われんのがやだよね。
優:そうそうそう、それが恥ずかしい!!
謙:そぉ。それなったときに恥ずかしいのがちょっとあって、あんま嘘つかなくなってきた最近
優:そぉ。ね!だから、嘘はよくないからねぇ~。…チャハハハッ!
謙:しみじみ、ね、今日1時間やっていろいろやって、最後しみじみ
優:そぉそぉ。しみじみ。嘘はよくないからみんな。今日の午前中だけだよみんなゆるされたの。もうだめだよ今は?午前中だけですよね確か。
謙:メールもちょっと入ったから読むね。
『私は歯科助手のバイトをしてるのですが、レントゲンでピースしちゃう患者さん(子どもさん)時々います。カワイイ⤴
優:まじか!
謙:カワイイ~
優:じゃあ俺も今度やろ♡
謙:カワイイと思ってもらう?確かに。
優:そぉね、意外と良いからね。なんか良いね、なんか可愛らしいよね!

謙:『天然警察おもしろかったです!天然な子と一緒にいると自分も自然と笑えたりするので、改めて良いなぁと思いました!優斗くんの相変わらずの天然も笑わせてもらいました』
優:チャハハッ
謙:優斗の天然はここの宝です!
優:ドゥハハハハハッ
謙:というわけで、安井謙太郎
優:髙橋優斗でした
二人:22時台も、聴いてねー!!バイバーイ👋